Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「igoku fes 2018」チラシ表

生と死の祭典「igoku fes」にロクディムら、入棺体験や認知症VR体験会も

ナタリー

18/9/4(火) 15:32

“生と死”の祭典「igoku fes 2018」の前夜祭が9月7日に福島・平中央公園で、本公演が8日に福島・いわき芸術文化交流館 アリオスで行われる。

福島県いわき市役所の地域包括ケア推進課が主催する「igoku fes」は、生死や老い、病気について話し合う機会の創出を目指し、開催されるイベント。2回目の開催となる今回は、「みんなで行こう極楽浄土!」を合言葉に実施される。

9月7日の前夜祭では、いわきの伝統芸能・じゃんがら念仏踊りや、現役の和尚2人による“ブッダ・サウンド”ユニット・Tariki Echo、即興演奏集団・十中八九、bonobos蔡忠浩のパフォーマンスが披露されるほか、コンテンポラリーダンスユニット・んまつーポスが、高齢者と共に身体表現ワークショップを行う。

続く8日の本公演では、ケーシー高峰による医療漫談、写真家・平間至のシニアポートレート撮影会、即興演劇集団・6-dim+(ロクディム)の即興劇、立川志獅丸の落語、入棺体験などに加え、認知症VR体験会などのプログラムが用意される。参加は無料だが、一部事前予約が必要だ。

「igoku fes 2018」

前夜祭

2018年9月7日(金)15:00~20:30
福島県 平中央公園

本公演

2018年9月8日(土)10:00~16:00
福島県 いわき芸術文化交流館 アリオス

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play