Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「つきのひかり あいのきざし」書影

尾野真千子と川島小鳥が台湾と奈良巡るモノクロ写真集発売、巡回展も開催中

ナタリー

18/10/29(月) 12:30

尾野真千子の写真集「つきのひかり あいのきざし」が10月31日に発売される。

カメラマンに川島小鳥を迎えたこの写真集は、台湾と奈良を巡る尾野の姿を捉えたもの。モノクロ写真を中心に構成され、尾野が草木に覆われたトンネルの前で笑顔を見せる様子や、乱れた髪で物憂げな表情を浮かべる姿が写し出されている。川島は「真千子さんが目の前に立っているのを見ると、ふいに切ない気持ちになる。世界にたったひとりでいるような、さみしさを感じる」と述べ、「ふたりで共有した時間の中で、写真に残せたものは何だろう」と思いを馳せた。

なお、写真集に収められる作品を展示する巡回展が、11月18日まで東京・GALLERY MoMo Ryogokuで開催中。11月4日には尾野と川島が登壇するトークショーが行われる。トークショーのチケット予約は現在、キャンセル待ちのみ受付中。

つきのひかり あいのきざし

リブロアルテ 2018年10月31日(水)発売
価格:2700円

川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」

開催中~2018年11月18日(日)東京都 GALLERY MoMo Ryogoku
※月曜休館
開場時間 11:00~19:00 ※11月4日(日)のみ16:00~19:00
料金:無料

トークイベント

2018年11月4日(日)東京都 GALLERY MoMo Ryogoku
受付開始 13:30 / 開演 14:00
料金:1000円
<登壇者>
尾野真千子 / 川島小鳥

川島小鳥 コメント

真千子さんが目の前に立っているのを見ると、ふいに切ない気持ちになる。世界にたったひとりでいるような、さみしさを感じる。それは台湾の街中でも、奈良の山奥でも変わらない。何かとても美しい何か。ふたりで共有した時間の中で、写真に残せたものは何だろう。

(c)Kotori Kawashima

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play