Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ハンターキラー 潜航せよ」

原子力潜水艦の緊迫した攻防、「ハンターキラー」魚雷撃ち合う本編映像解禁

ナタリー

19/3/20(水) 12:00

アメリカ国防総省と海軍が全面協力した潜水艦アクション「ハンターキラー 潜航せよ」の本編映像がYouTubeにて公開された。

第3次世界大戦開戦の危機が訪れた世界を舞台に、攻撃型原子力潜水艦“ハンターキラー”の艦長ジョー・グラスと特殊部隊ネイビーシールズが、ロシア大統領を救出するミッションに挑むさまを描いた本作。ジェラルド・バトラーがグラス、ゲイリー・オールドマンが開戦を進めようとする統合参謀本部議長チャールズ・ドネガンを演じた。

約150秒に及ぶ本編映像には、ハンターキラーがロシアの原子力潜水艦と海の下で激しい攻防を繰り広げる場面を収録。警戒態勢の中、新たな音を探知したハンターキラーが、両艦の距離わずか260mという至近距離から突然魚雷の襲撃を受ける緊迫したシーンとなっている。

バトラーは撮影前に海軍の軍事拠点となっているパールハーバーに赴き、実際に潜水艦に乗船して海に出るなど万全の態勢で艦長役に臨んだ。「彼に惹かれたのは、極めて重大な決断を迫られている人物だから」と役柄の魅力を説明し、「彼の決断は即座に第三次世界大戦を引き起こす恐れがあり、この先何百年も世界に影響する可能性がある。究極に危険な賭けに出ているんだ」と語っている。

「裏切りの獣たち」のドノヴァン・マーシュが監督を務めた「ハンターキラー 潜航せよ」は、4月12日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)2018 Hunter Killer Productions, Inc.

アプリで読む