Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「菊とギロチン」

「菊とギロチン」4月にソフト化、瀬々敬久の書き下ろし短編小説がブックレットに

ナタリー

19/2/5(火) 10:00

瀬々敬久監督作「菊とギロチン」のBlu-ray / DVDが、4月26日に発売される。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」「友罪」の瀬々がオリジナル企画第2弾として完成させた本作は、大正末期、関東大震災直後の日本を舞台にした青春群像劇。女相撲の力士たちと、ギロチン社の若きアナキストたちが出会い、心を通わせていくさまを描き出す。

映画初主演となった木竜麻生がヒロインの新人力士・花菊、東出昌大がギロチン社のリーダー中濱鐵に扮し、寛一郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新も出演。空族の相澤虎之助が瀬々とともに脚本を担当した。「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」では新人女優賞、新人男優賞、日本映画監督賞、日本映画脚本賞を受賞している。

Blu-ray /DVDには、メイキングなどを収録したボーナスディスクが付属する予定。またブックレットには、瀬々がアナザーストーリーを書き下ろした短編小説も収められる。

(c)2018 「菊とギロチン」合同製作舎