Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

実写『翔んで埼玉』から二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介らのキャラ写真公開

CINRA.NET

18/10/31(水) 7:00

映画『翔んで埼玉』のキャラクタービジュアルが公開された。

2019年2月22日公開される同作は、魔夜峰央の漫画『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』をもとにし実写映画。埼玉県民が東京都民から迫害を受けて身を潜めて暮らしているという設定だ。

キャラクタービジュアルでは、白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美役の二階堂ふみ、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗役のGACKT、東京都知事・壇ノ浦建造の執事・阿久津翔役の伊勢谷友介、伝説の埼玉県人・埼玉デューク役の京本政樹の劇中での姿が判明。今後もキャラクタービジュアルが公開される。人物デザイン監修・衣装デザインは柘植伊佐夫が担当。

ポスターには「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」といったコピーが使用されている。

『翔んで埼玉』のあらすじは、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美が、アメリカ帰りの謎の転校生・麻実麗と出会い互いに惹かれあうが、麗が埼玉県出身だったことで、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれるというもの。映画版は百美や麗が活躍する「伝説パート」と、埼玉在住のある家族を通して伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する「現代パート」の2部構成となる。監督は『のだめカンタービレ』シリーズや『テルマエ・ロマエ』シリーズを手掛けた武内英樹。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play