Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「八王子ゾンビーズ」ゲネプロより。

タンバリン叩いてゾンビを“応援”!山下健二郎主演「八王子ゾンビーズ」開幕

ナタリー

18/8/5(日) 17:28

「八王子ゾンビーズ」が本日8月5日に東京・TBS赤坂ACTシアターで開幕。これに先駆け、本日ゲネプロと初日会見が行われた。

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎が主演を務める本作は、“音楽×ダンス×ゾンビ”をテーマに鈴木おさむが書き下ろしたオリジナル作品。ダンサーになる夢に破れた男・タカシは、自分を見つめ直すために東京・八王子の山奥にある寺で住み込みバイトを始める。ある満月の夜、タカシはゾンビと住職が墓地で壮絶な戦いを繰り広げているところを目撃し……。

キャストにはタカシ役の山下、住職役の駿河太郎に加え、久保田悠来、劇団EXILEの小澤雄太、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、井澤巧麻、前田隆太朗、加藤啓、早乙女友貴、アジアンの隅田美保、酒井敏也、RIKACOらが名を連ねている。

ゲネプロ前に行われた会見には、出演者の山下、久保田、藤田、駿河、そして脚本・演出の鈴木が出席。作品について、山下は「歌も踊りもあって、最後には感動する部分もあるので、全部がこの舞台に詰まっているんじゃないかなと。年齢関係なく、多くのお客さんに楽しんでいただける内容なんじゃないかなと思っています」と自信を見せる。

座長として山下はどんな存在だったか?と問われた藤田は「別け隔てなく、みんなと同じ目線で接してくれてありがたかったです」と答え、久保田は「振付の方が付けてくれたダンスに、山下さんがアレンジを加えてみんなに教えてくれて。あとは中華をおごってくれました」と冗談を飛ばして会場の笑いを誘った。

また脚本・演出を手がけた鈴木は、山下の印象について、「三代目の看板を背負って戦っている感が半端ないなって思いました」と述べつつ、「注目してほしいのは、健二郎くんがゾンビーズにダンスを教えるシーン。観ている人も健二郎くんに教わってる気分になる」と明かす。

山下も本作の見どころに触れ、「今回、新しい試みとして“応援上演”のスタイルを取り入れているので、そこのシーンでは笑ったり、応援したり、(グッズの)タンバリンを叩いたり、クラップしていただいたり、みんなで楽しんでいただけたら」とコメント。そして最後に山下は「みんなで青春を感じて、夏を楽しんで、最後まで誰1人欠けることなく、最高の舞台にできるようにがんばりますのでよろしくお願いします」と挨拶し、会見を締めくくった。

上演時間は休憩なしの約2時間。公演は8月19日まで行われ、19日の千秋楽にはライブビューイングも行われる。

「八王子ゾンビーズ」

2018年8月5日(日)~19日(日)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

脚本・演出:鈴木おさむ
主題歌:m-flo
劇中曲:☆Taku Takahashi
出演:山下健二郎(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE) / 久保田悠来、小澤雄太、藤田玲、丘山晴己、高野洸、牧島輝、井澤巧麻、前田隆太朗 / 加藤啓、早乙女友貴、隅田美保(アジアン) / 酒井敏也 / RIKACO / 駿河太郎 / 下尾浩章、工藤翔馬、高橋玲、遠藤誠、前川孟論

(c)舞台「八王子ゾンビーズ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play