Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「NEGi FES 2018 in 新潟」の様子。

Negicco新潟「NEGi FES」田んぼの真ん中がポップの坩堝に

ナタリー

18/10/20(土) 11:04

Negiccoが企画する野外ライブイベント「NEGi FES 2018 in 新潟」が、10月13日に新潟・北方文化博物館 西門広場 野外大ステージで行われた。

「NEGi FES」は2015年にスタートしたフェス形式のライブ企画。今回は昨年に引き続き、Negiccoの地元新潟にある博物館・北方文化博物館敷地内の野外ステージが舞台となった。新潟に召集されたゲストは、YOUR SONG IS GOOD、サニーデイ・サービス、KIRINJI、CRCK/LCKSの4組。CRCK/LCKSはNegiccoのライブでバックバンドも務めた。隣接する駐車場に設置されたフードコートには、立ち食いそば店・万代そばの「バスセンターのカレー」、みかづきの麺料理「イタリアン」、あやめぽっぽの「ぽっぽ焼き」といった地元の名物が並び、さらにNegiccoリーダーNao☆が監修に携わった麺屋Aishinの「NEGi FES」限定オリジナルラーメン、新潟薬科大学女子大生による「スィーツラボ」が考案したオリジナルかき氷「ネギ氷」も販売された。

Negiccoによる開幕の挨拶「はじめのことば」が行われたのは午前11:30。トップバッターYOUR SONG IS GOODによるライブは11:40にスタートした。YSIGは午前中からバレアリックハウス、ラテン、アフロビートなどが融合したトランシーな人力ダンスミュージックをノンストップで奏で、秋空の下に心地よいグルーヴを作り上げていく。そして最後はNegiccoの3人を呼び込み、“Negi SONG IS GOOD”としてNegiccoへの提供曲「カリプソ娘に花束を」でコラボレーション。ついに実現したYSIG本人の演奏によるパフォーマンスで観客は大いに沸いた。

続いて登場したサニーデイ・サービスは、高野勲(Key)、新井仁(G / NORTHERN BRIGHT)、岡山健二(Dr / classicus、ex. andymori)をサポートに迎え、「baby blue」「恋におちたら」「あじさい」「NOW」と1990年代のナンバーを次々と畳みかけていく。NegiccoのKaedeがミュージックビデオに出演した「苺畑でつかまえて」にはNegiccoの3人もボーカルで参加。4人で並んで歌った曽我部恵一(Vo, G)は「こんなにいい『苺畑でつかまえて』は今までないよね。毎回これでやりたい」と顔をほころばせた。サニーデイはさらに「白い恋人」「青春狂走曲」などを演奏し、合計10曲を披露してステージを終えた。

各アーティストのステージチェンジには30分前後の時間がとられ、観客はその間にフードコートで食事をしたり、会場の芝生に寝そべったりとリラックスムード。子連れで訪れた観客も多く、のどかな時間が流れていた。また駐車場には絵が得意なNao☆が手作りした顔はめパネルも設置されており、観客は転換の合間に記念写真を撮っていた。ライブを終えたサニーデイの曽我部と田中貴(B)もフードコートに赴き、ご当地メニューに大満足の様子。ラーメン評論家としても知られる田中は「新潟のラーメンは日本一ですよ」と評した。

3番手のKIRINJIはサポートの矢野博康(Perc)を含む各メンバーのサウンドチェックから、そのまま本番へ。「NEGi FES」らしいのどかなムードでライブはスタートしたが、堀込高樹(Vo, Key, G)は「博物館」の響きから室内会場だと思い込んでいたらしく、セットリストは最新アルバム「愛をあるだけ、すべて」の楽曲を軸としたアーバンな楽曲が中心。高樹は「こんな風光明媚なところで『A、I』とかやってる自分がばかばかしくなってきて……」と照れたが、メロウな楽曲は徐々に陽が落ちていく会場にフィットしていた。後半にはNegiccoへの提供曲「愛は光」の生コラボが披露されたほか、昨年末のKIRINJIライブで結成、即解散した弓木英梨乃(G, Vo)とNegiccoによるユニット「ユミネギ」が再結成。KIRINJIの楽曲「Mr. BOOGIEMAN」を4人で歌い、再び解散した。高樹が次が最後の曲であることを告げると客席では「えー」と残念がる声が上がったが、高樹は「田んぼの真ん中でアーバンな曲をけっこうやったぞ?」とひと言。最後は浮遊感のある「After the Party」で田んぼに囲まれた北方文化博物館をアーバンな空気に染めた。

CRCK/LCKSは「Goodbye Girl」「No Goodbye」「窓」の3曲で観客を踊らせたあと、そのままのセットでNegiccoのバックバンドを担当。CRCK/LCKSはNegiccoの春ツアー「SPRING 2018 TOUR~あなたの街に花束を~」でも大阪と東京の2公演でサポートを務めており、7カ月ぶりの共演となった。チェック柄の新衣装で登場したNegiccoは、「Never Ending Story」「キミはドリーム」「そして物語は行く」など最新アルバム「MY COLOR」収録曲中心のセットリストをCRCK/LCKSアレンジで届けていく。Meguは「天気に恵まれてよかった。皆さんの行いがいいからですよ!」と笑顔を見せ、Nao☆は「地元新潟でフェスが開けるようになったことがうれしいですし、これからもたくさんの人に『新潟は素敵なところだよ』と伝えていけたらと思っています」と地元愛を語った。後半の「雫の輪」は小田朋美(Vo, Key)のピアノ演奏のみをバックに歌われ、宵闇迫る会場は神秘的なムードに。ラストは「ねぇバーディア」「さよならMusic」とアップテンポなナンバー2連発でにぎやかに締めくくられた。Negiccoは改めて全出演者を呼び込み、全員で記念撮影。ゲストを見送ったあと、Kaedeは「『NEGi FES』の時期は緊張で胃が痛くなりがちなんですけど、新潟に素晴らしいアーティストを迎えられたことがすごくうれしいですし、去年に引き続き地元の皆さんが出店してくださったり、北方文化博物館の皆さんにもお世話になって……Negiccoらしい、あったかいフェスがこれからも続くといいなと改めて思いました」と「NEGi FES」の成功を喜んだ。

Negiccoはこのあと、11月24日に東京・中野サンプラザホールでワンマンライブ「relive MY COLOR」を開催。12月にはもう1つの新潟恒例ライブ「私をネギーに連れてって in Naeba 2018」を行う。

NEGi FES 2018 in 新潟
2018年10月13日 北方文化博物館 西門広場 野外大ステージ セットリスト

YOUR SONG IS GOOD

01. Motion
02. Super Soul Meetin'
03. Double Sider
04. Mood Mood
05. On
06. カリプソ娘に花束を with Negicco

サニーデイ・サービス

01. baby blue
02. 恋におちたら
03. あじさい
04. NOW
05. 苺畑でつかまえて with Negicco
06. 白い恋人
07. 胸いっぱい
08. シルバー・スター
09. 若者たち
10. 青春狂走曲

KIRINJI

01. 非ゼロ和ゲーム
02. 時間がない
03. AIの逃避行
04. タンデム・ラナウェイ
05. silver girl
06. 愛は光 with Negicco
07. Mr. BOOGIEMAN
08. After the Party

CRCK/LCKS

01. Goodbye Girl
02. No Goodbye
03. 窓

Negicco(演奏:CRCK/LCKS)

01. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
02. Never Ending Story
03. キミはドリーム
04. そして物語は行く
05. ノスタルジア
06. 雫の輪
07. ねぇバーディア
08. さよならMusic

Negicco「relive MY COLOR」

2018年11月24日(土)東京都 中野サンプラザホール

Negicco「私をネギーに連れてって in Naeba 2018」

2018年12月1日(土)苗場プリンスホテル内 ブリザーディウム
OPEN 16:30 / START 17:00

2018年12月2日(日)苗場プリンスホテル内 ブリザーディウム
OPEN 12:30 / START 13:00

※記事初出時、写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play