Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

松澤宥作品

日本概念派の始祖・松澤宥のドローイングを紹介、『オブジェを消す前に』展

CINRA.NET

19/2/1(金) 22:22

展覧会『オブジェを消す前に -松澤宥 1950-60年代の知られざるドローイング』が、2月2日から神奈川・相模原のパープルームギャラリーで開催される。

1922年に長野で生まれ、2006年に逝去したコンセプチュアルアーティストの松澤宥。「日本概念派」の始祖として知られ、1964年6月1日に「オブジェを消せ」という啓示を受けて以降、「言語」や「意味」を表現の媒体として活動した。展覧会では、松澤が1950年代から1964年までの間に描いたドローイングを紹介。

なお同展の会期が2月2日から2月22日までとなっているのは、1922年2月2日の午前2時に生まれた松澤が「2」という数字にオブセッションを抱いていたとされること、ビジュアル系バンド「愛狂います。」が2007年2月22日に本格始動し2012年2月22日に解散したことに由来しているという。