Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「静寂を求めて -癒やしのサイレンス-」ポスタービジュアル

騒音に囲まれた現代で健全に生きる方法とは、ドキュメント「静寂を求めて」公開

ナタリー

18/7/23(月) 14:04

典型7公害の1つとされる騒音に焦点を当てたドキュメンタリー「静寂を求めて -癒やしのサイレンス-」が、9月22日に公開される。

あらゆる音に囲まれた現代で健全に生きる方法を探求する本作。環境騒音はストレスや睡眠障害、学習障害、聴覚障害、そして心疾患など多岐にわたる健康への悪影響の原因になると言われている。映画には23歳の誕生日までの1年間に沈黙の誓いを立て、一言も発することなく徒歩でアメリカ大陸を横断したグレッグ・ヒンディ、無音の楽曲「4分33秒」を生み出した作曲家ジョン・ケージ、森林浴で人の免疫機能が向上することを発見した千葉大学の教授・宮崎良文といった人物が登場。現在、YouTubeにて予告編も公開されている。

「静寂を求めて -癒やしのサイレンス-」は東京・ポレポレ東中野ほか全国で順次ロードショー。監督を務めたパトリック・シェンによるコメントは下記の通り。

パトリック・シェン コメント

「静寂を求めて」は、長い間多くの表現者が型にはめるような表現方法で、どうにか表現しようと試みてきただろう瞑想的なドキュメンタリー映画です。私たちは、静寂という表現することが半ば不可能な性質なものを、型にはめようとはせず、解き放つことを意識して制作に臨みました。
この映画は、私たちが静止して世界を体験している様に撮影しました。撮影にクレーンの動き、ドローン、またはカメラの左右の動作などがありません。
映画の全体的なリズムは、人間の思考の作用を念頭に置いて慎重に作られました。この映画が、観客の歩みをスローダウンさせ、新しい世界を体験して下さることを願っています。

(c)TRANSCENDENTAL MEDIA

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play