Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『HiGH&LOW THE MOVIE』4DX版が2週間限定で特別上映 各キャラクターの個性を表現

リアルサウンド

18/8/23(木) 11:00

 『HiGH&LOW THE MOVIE』が、8月24日から9月6日までの2週間限定で4DXで特別上映される。

 本作は、シリーズ累計興行収入60億円、観客動員数450万人突破の『HiGH&LOW』シリーズの第1作目。4DX版では、登場人物一人ひとりにフォーカスした超アトラクション体験ができるという。4DXのグ・ジェウォン クリエイティブ・ディレクター(以下、グ・ディレクター)は「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX演出で、各キャラクターを分析し、 それぞれ異なる個性を表現したことが大好評で、本作でも同様に、各キャラクターの個性を表現するようにした」とコメント。スモーキーの登場シーンでは首と耳元に熱風が吹き、雨宮兄弟の登場のシーンでは、モーションチェアがバイクに乗った時のように動く仕掛けとなっている。

 さらに、グ・ディレクターは「キャラクターによって、バイク、大型トラック、スクーターなど、様々な乗り物を操る点で、それぞれの特徴を分析し、固有のリズムや動きにあわせてその程度を把握し、各乗り物の特徴を明らかにしつつ、『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ワイルド・スピード』 シリーズなど、4DXデータベースに蓄積された様々なシーンで活用した演出を加えました」と、乗り物を操るアクションシーンでのこだわりを語っている。また、体と体がぶつかりあうアクションシーンにおいても、キャラクターの目線によってアクションの動きが変わってくるという。

 さらに、本作にはMIGHTY WARRIORSのライブなど、音楽パフォーマンスのシーンも多く見られる。グ・ ディレクターによると「2016年度、日本でも大きな反響をいただいた映画『BIGBANG MADE』や、台湾のロックバンドMAYDAYなど、有名グローバルミュージシャンのコンサート映画を介して音楽/ライブシーンに関連する独自のノウハウを持っています。アニメーション『リメンバー・ミー』の4DX版でも“リズミカルなモーション”で大反響をいただき、これらのノウハウを活かし、本作では、特にMIGHTY WARRIORSのライブシーンで観客が映画の中の現場にいるかのようにリズム感を満喫でき、臨場感とリズム感を最大限に活かしたモーション演出に気を配りました」と明かしている。

 なお、4DXは、全世界1位4D映画で2017年全世界2,000万人を動員し、爆発的に成⻑している体感型のプレミアムシアター。特にヨーロッパや北米の20~30代を中心に、“観る映画の代案”として若い層の中で人気トレンドになっている。全世界59カ国、552劇場で運営中、日本国内では55劇場に導入されている(※2018年8月現在)。(リアルサウンド映画部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play