Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「書くが、まま」

ラストアイドル出身・中村守里の主演作「書くが、まま」クランクイン、資金募集も開始

ナタリー

18/7/20(金) 19:00

「ばぁちゃんロード」の脚本家・上村奈帆が監督、ラストアイドルファミリー・LoveCocchiの中村守里が初主演を務めた「書くが、まま」が、7月16日にクランクイン。Motion Galleryにて映画のクラウドファンディングがスタートした。

上村がバンド・SWANKY DOGSとタッグを組み、MOOSIC LAB 2018長編部門の1本として制作する本作。自らの思いを書くことでしか表現できない中学2年生・松木ひなのを主人公に、彼女が保健室で出会った先生・進藤有紀に少しずつ心を開いていくさまを描く。2人の関係性は、あることが発覚し、崩れ去ることに。100人を超えるオーディションの中から選ばれた中村がひなのを演じ、長谷川葉生が有紀に扮した。

クランクインに際し、上村は「いよいよ始まりました。この夏だからこそ、このスタッフキャストだからこその熱い瞬間に溢れています。大変な撮影でも、みんなで笑って最高のカットのために突っ走ってます! 楽しみにお待ちいただけたら嬉しいです」とコメントしている。

クラウドファンディングで得た資金は映画の製作費に当てられる予定だ。リターンにはスタッフ陣による制作後記、メイキング動画、プレミア試写会への参加権、映画のその後を描いた上村による短編小説、サウンドトラックなどが用意された。詳細はMotion Galleryのページで確認してほしい。

「書くが、まま」は11月に東京・K's cinemaにて開催されるMOOSIC LAB 2018で上映予定。中村と長谷川のほか、渡邉空美、梅田凜乃、松原瑚春、佐野代吉、大根田良樹、富岡英里子、松木大輔がキャストに名を連ねている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play