Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

水樹奈々

水樹奈々、“歴代最強の女性”キャプテン・マーベル役に腹筋して臨む

ナタリー

19/3/13(水) 21:45

本日3月13日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて映画「キャプテン・マーベル」のジャパンプレミアが開催され、吹替キャストの水樹奈々と竹中直人、ゲストのミキが登壇した。

マーベル・スタジオ最新作の「キャプテン・マーベル」は、ブリー・ラーソンが主演を務めるサスペンスフルアクション。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画で初めて女性キャラクターが単独でフィーチャーされている。イベントではまず、主人公のキャプテン・マーベルの吹き替えを担当した水樹と、サミュエル・L・ジャクソン扮するニック・フューリーの吹き替えを務める竹中が登場。水樹はオーディションを勝ち抜き、キャプテン・マーベルの吹き替えという大役をつかんだことを興奮気味に明かし、「アニメ作品などで、数々の強い女性を演じてきた水樹ですが、たぶん彼女が最強なんじゃないかと思っております。アフレコのときはブリー・ラーソンさんと同じように、腹筋をしてしっかりごはんを食べてから挑みました」と語った。

また水樹はキャプテン・マーベルが記憶喪失であることについて触れながら、「(彼女は)記憶を失った代償に強大な力を得ているんですが、彼女の強さは目に見えるものだけじゃなくて、心の強さもあると思う」とコメント。竹中は水樹の吹き替えの仕上がりについて「奈々さんの声がぴったりなんですよ!」と絶賛していた。

その後、マーベルファンを代表してミキの昴生と亜生が、“マーベル初の単独女性ヒーロー”の誕生を祝したケーキを運びながら登場。水樹は「素敵なケーキをありがとうございます!」と「キャプテン・マーベル」仕様のケーキに大感激。最後に彼女は「一瞬たりとも目を離さず観ていただきたい。サスペンスフルアクションという、これまでのヒーロー映画とは異色のストーリーなので、まさかまさかのどんでん返しが待っています」とアピールした。

映画「キャプテン・マーベル」は3月15日に全国公開される。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える