Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第1回

笠井信輔の男おばさんは 宝塚もお好き

タカラヅカは、「海外ミュージカル」がお好き

毎月16日更新

18/12/16(日)

 こんにちは。フジテレビアナウンサー笠井信輔です。

 年間150本の新作映画を観て、さらに毎年100本の芝居を鑑賞(中毒だな)。『とくダネ! 』や『男おばさん』の出演もあるので、毎日が目まぐるしいこと。
 そんな私が中学生の頃から愛読していた『ぴあ』でついに連載スタート(パチパチ)。
 テーマはこれまたお気に入り、ファン歴32年! の「タカラヅカ」だ。妻が羨ましがっちゃってね。

 初回なのでご挨拶代わりに、なぜ私がこの乙女の世界に足を踏み入れたのか?
 あれは大学3年の時、好きだった女の子が “ヅカヲタ” で、デートはもっぱら東京宝塚劇場の当時1000円の3階席だった。舞台までまあ遠い遠い。全員同じ顔に見えたさ(笑)。そんな私に彼女は耳元でいろんなヅカ雑学を囁いてくれた。宝塚に行った動機はこれ、彼女に耳元同時解説をやってもらいたいから。
 そう、宝塚を観る理由なんてなんでもいいのだ。下心満載でOK。
 すると通ってるうちに、「!」と来た。「面白いじゃんこの劇団」となって、その後、私は、その彼女と結婚。だからもう30年見続けているわけ(^_^)v。
 私の世代で男の局アナのヅカファンなんて珍しいので、タカラジェンヌ・トークショーや、貸し切り公演の司会。そして、10年に1回しか行われないタカラジェンヌ全員参加(!)、総勢473名の大運動会の総合司会までやらせもらって超ラッキー。でも、今も妻の方が、私より詳しいけどね。

 タカラヅカ……座席に座ればそこはほんとに夢の国。私の経験上、キャリアウーマンでバリバリ働いている知的レベルの高い女性ほど一発でハ・マ・ル。