Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

トム・プロジェクト プロデュース「黄色い叫び」より。(撮影:塩谷安弘)

「黄色い叫び」開幕、中津留章仁「震災に対する思いが詰まった特別な作品」

ナタリー

19/3/22(金) 11:30

トム・プロジェクト プロデュース「黄色い叫び」が、3月20日に東京・全労済ホール / スペース・ゼロで開幕した。

作・演出をTRASHMASTERSの中津留章仁が手がける「黄色い叫び」は、2011年4月に初演された作品。本作の執筆中に東日本大震災を経験した中津留は、それまでに書いていた脚本の内容を白紙に戻し、「災害」を題材に“人間の生命に格差はあるのか?”を問う新たな物語を作り上げた。

2011年の夏の夜、とある地方の公民館では青年団のメンバーが祭の担当者を決める会議を行っていた。地域には台風が近付きつつあり、会議の内容は祭のことから災害対策に発展。次第に自然災害と人災、都市と過疎地の問題が浮き彫りになっていく。会議が終わったのも束の間、付近で土砂崩れが発生し、公民館は孤立状態となり……。

中津留は開幕に際し「震災に対する思いが詰まった特別な作品です。一人でも多くの方に見ていただきたい作品です。ご来場お待ちしております」と観客にメッセージを送った。上演時間は途中休憩なしの2時間15分を予定。東京公演は3月26日まで行われ、29・30日には大阪・大阪市中央公会堂 大集会室で上演される。

トム・プロジェクト プロデュース「黄色い叫び」

2019年3月20日(水)~26日(火)
東京都 全労済ホール / スペース・ゼロ

2019年3月29日(金)・30日(土)
大阪府 大阪市中央公会堂 大集会室

作・演出:中津留章仁
出演:斉藤とも子、原田祐輔、山崎大輝、中嶋ベン、長尾純子、太平、岡田優、伊藤壮太郎、足立英、辻井彰太

アプリで読む