Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「アップアップガールズ(フェス)」の様子。

アプガグループ16人の仲間が一致団結してアゲ続けたアップアップガールズ(フェス)

ナタリー

18/7/10(火) 12:26

7月7日に東京・LIQUIDROOMでアップアップガールズ全グループによるライブイベント「アップアップガールズ(フェス)」が開催された。

「アップアップガールズ(フェス)」はアップアップガールズ(仮)、アップアップガールズ(2)、アップアップガールズ(プロレス)の3組が一堂に集まるアプガグループの祭典。開演前の会場ではアプガ(仮)の佐保明梨が「DJ KURO-OBI」としてDA PUMP「U.S.A.」などのアッパーチューンを立て続けにスピンしてフロアを沸かせたあと、アプガ(2)の新メンバーである中川千尋、佐々木ほのかと共に空手の組手を披露した。そしてフェスバージョンのovertureが流れると、中川と佐々木を除くアプガグループ全員がステージに登場。彼女たちはアプガ(仮)の「アッパーカット!」とアプガ(プロレス)の「アッパーキック!」をマッシュアップした「アッパーカットキック!」でライブの幕を開け、会場は早くも熱狂に包まれた。

その後のMCでアプガ(仮)とアプガ(2)が自己紹介すると、突然ゴングの音が鳴り、アプガ(プロレス)のエキシビジョンマッチがスタートする。ミウがヒナノにラリアットを叩き込んだかと思えば、ヒナノは背後からミウに蹴りを入れて反撃。佐々木に絡み始めたヒナノにヒカリがドロップキックを浴びせると、ミウがヒカリに逆エビ固めを決める。最後に登場したラクは得意技「おやすみエクスプレス」で横になったミウ、ヒナノ、ヒカリを何度も踏みつけて観客をエキサイトさせた。アプガ(プロレス)はそのまま持ち曲の「アッパーキック!」を披露したあと、アプガ(仮)の楽曲「美女の野獣」を力強くパフォーマンス。アプガ(仮)の森咲樹とアプガ(2)の高萩千夏を加えて歌唱した「全力!Pump UP!!」に続いては、ミウとラク、アプガ(仮)の森と関根梓、アプガ(2)の吉川茉優と橋村理子という混成チームで「バレバレ!I LOVE YOU」をキュートに歌い踊った。

アプガ(プロレス)が退場したあとは、新体制のアプガ(2)がお披露目された。新メンバーの中川は「この日のために歌とダンスをたくさん練習してきたので、このステージを全力で楽しみたいと思います!」、佐々木は「ほーちゃんは衣装がかわいくてすごくウキウキしてるんですけど、やっぱり緊張も混じってるので、それを殴り飛ばすような感じで盛り上がりたいと思います!」とそれぞれ意気込みを語った。アプガ(2)は「っていう初恋のお約束」「ハッピースLOVE▽」「二の足Dancing」の3曲を元気いっぱいに歌うと、最後に新曲「エンジェル演じて20年」を初披露して観客を喜ばせた。ここでライブは7月4日に誕生日を迎えた高萩のソロコーナーへ。「21歳の目標はキレイになることです!」と笑顔で話した高萩が「私の大好きな先輩の曲です!」と言って、昨年アプガ(仮)を卒業した佐藤綾乃のソロ曲「スタートライン」を歌い始めると、フロアはサイリウムが放つ紫の光で満たされた。さらに高萩が森のソロ曲「メガモリッ!ma vie!!」を歌唱すると、森もステージに登場。曲の中で高萩が「森パイセンみたいに美しくなりたいです! 大好きです!」と叫ぶと、森は「私も大好きだよ! 心優しい千夏! アプガ(2)のリーダーを務めてくれてありがとう!」と感謝の気持ちをぶつけた。

ライブ中盤では、目まぐるしくメンバーが入れ替わってアプガグループの楽曲を歌唱。アプガ(仮)の新井愛瞳とアプガ(2)の鍛治島彩がお互いの衣装を交換して新井のソロ曲「ショートカットに片想い」を歌えば、アプガ(仮)の古川小夏とアプガ(2)の中沖凜は古川のソロ曲「ダーリンはロストチャイルド」を披露する。全グループの混成チームにより「ナチュラルボーン・アイドル」「ガーリーズハイ」「サバイバルガールズ」が届けられたあとは、佐保がアプガ(2)の吉川、橋村、高萩、鍛治島を従えて「青春の涙」を歌い上げた。混成チームによる「ラッタンプイコ」「初恋Ding Dong」に続いては、新メンバーを除くアプガ(2)の5人が「キラキラミライ」を熱演。そこにアプガ(プロレス)が加わった9人で「FOREVER YOUNG」を届けると、ステージに再びそろった16人が「アッパーディスコ」で会場を大いに盛り上げた。

ライブ終盤はアプガ(仮)の単独ステージ。5人は専門学校HALの楽曲制作コンテストで大賞に選ばれた新曲「晴レ☆HALation」を古川の振り付けと共に披露して観客のテンションを引き上げ、「イチバンガールズ!2017」「唇はナイフ」といった強力なナンバーを畳みかけていく。アプガ(2)のミディアムナンバー「どしゃぶりのテラス席」のカバーでは、佐保がバットを蹴り折って観客を驚かせる。「Lady→Go!」「ジャンパー!」「アッパーレー」とアッパーチューンを立て続けにパフォーマンスした5人は、サンバ調の「サマービーム!」でファンを楽しませた。

アプガ(仮)は「サイリウム」で会場に一体感をもたらしたあと、ステージにアプガ全グループを呼び込む。森は「最初どうなるんだろうと思っていたアップアップガールズ(仮)がこんなにもたくさんの人に愛してもらえているのがホントに素直にうれしくて……」と涙声で語りつつ、「解散とか卒業とか多いアイドル業界ですけれど、私たちアップアップガールズはまだまだいろんな夢をみんなと見ていきたいです」と観客に呼びかけた。そしてラストはアプガグループ総勢16人による「私達」。拍手と歓声が巻き起こる中、アップアップガールズ(フェス)は大団円を迎えた。

なおこの日のライブで、アプガ(2)がつんく♂をプロデューサーに迎えたCDを3作連続リリースし、初の全国ツアーを行うことが明らかになったほか、アプガ(仮)は秋に単独ライブを2本行うことを発表。9月15日に神奈川・新横浜 NEW SIDE BEACH!!で「夏の最後にサマービーム!」、10月28日に東京・新宿BLAZEで「Road to Live of All Songs」が開催される。

アップアップガールズ(フェス)
2018年7月7日 LIQUIDROOM セットリスト

01. アッパーカットキック!
02. アッパーキック!
03. 美女の野獣
04. 全力!Pump UP!!
05. バレバレ!I LOVE YOU
06. Sun!×3
07. っていう初恋のお約束
08. ハッピースLOVE▽
09. 二の足Dancing
10. エンジェル演じて20年
11. スタートライン
12. メガモリッ!ma vie!!
13. ショートカットに片想い
14. ダーリンはロストチャイルド
15. ナチュラルボーン・アイドル
16. ガーリーズハイ
17. サバイバルガールズ
18. 青春の涙
19. ラッタンプイコ
20. 初恋Ding Dong
21. キラキラミライ
22. FOREVER YOUNG
23. アッパーディスコ
24. 晴レ☆HALation
25. イチバンガールズ!2017
26. 唇はナイフ
27. どしゃぶりのテラス席
28. Lady→Go!
29. ジャンパー!
30. アッパーレー
31. サマービーム!
32. サイリウム
33. 私達

※文中の▽はハートマークが正式表記。

アップアップガールズ(2)「全部青春! / エンジェル演じて20年」収録曲

01. 全部青春!
02. エンジェル演じて20年
03. 全部青春!(Instrumental)
04. エンジェル演じて20年(Instrumental)

アップアップガールズ(2)ファーストライブツアー #アプガ 2 ファースト

2018年9月9日(日)神奈川県 新横浜 NEW SIDE BEACH!!
2018年9月17日(月・祝)秋田県 Club SWINDLE
2018年9月29 日(土)富山県 MAIRO
2018年11月11日(日)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2018年11月17日(土)福島県 clubSONICiwaki

アップアップガールズ(仮)「夏の最後にサマービーム!」

2018年9月15日(土)神奈川県 新横浜 NEW SIDE BEACH!!

アップアップガールズ(仮)「Road to Live of All Songs」

2018年10月28日(日)東京都 新宿BLAZE

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play