Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マスカレード・ホテル」初日舞台挨拶の様子。

「マスカレード・ホテル」木村拓哉、寿司職人役をリクエストされるも角刈りは要相談

ナタリー

19/1/18(金) 19:44

「マスカレード・ホテル」の初日舞台挨拶が、本日1月18日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて開催され、キャストの木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎、監督の鈴木雅之が登壇した。

東野圭吾の小説をもとにした本作は、捜査一課のエリート刑事がホテルマンに扮し、連続殺人事件の真相に迫るミステリー。ホテル・コルテシア東京に潜入した刑事・新田浩介役の木村は「撮影中は目の前のことに集中していたので、つながったものを観たときに、こんなにも“ガチ盛り”な作品で、こんなにも豪華になっているんだと客観視できた」と作品について語る。

洞察力の鋭い刑事役だった木村は、共演者の隠れた一面について聞かれると「渡部さんが意外だったのは、ロケ現場付近の国道沿いのチェーン店とかに、普通に『木村くん、ここおいしそうじゃない?』って入っていくんです。『渡部篤郎ですよ、大丈夫ですか!?』って言いたくなるくらいでした」と告白。そこでマイペースな渡部が「そうだよね、駄目だよね、拓哉くんを連れて行っちゃ。俺はいいけど、拓哉くんは駄目だ」と反省し始めてしまい、木村は「駄目じゃないですよ。そういうとこ、大好きです」と優しく返した。

イベント中盤には、今回木村が初めての刑事役へ挑戦したことにちなみ、共演者が“木村に演じてもらいたい役”を考えることに。本作でフロントクラーク・山岸尚美を演じた長澤は「すごい悪い役を観たいです。木村さんはスーパーマンみたいになんでもできちゃう印象なので、全然いいところがない悪者役を演じたら面白い」と答える。しかし本作の撮影中、長澤は別の“木村拓哉プロデュース案”を提案していたそうで、木村は「『NHKの連続テレビ小説に出てくる、死んでしまったお父さん役をやるべきです!』って山岸尚美のフォルムのまま言われたので、本当にやるべきかとちょっと考えました(笑)」と回想した。続いて「真面目に考えてきた」と息巻く小日向は、下町の寿司屋で働きながら、月に1度だけ銀座の高級寿司屋で腕を振るう“伝説の寿司職人”という役を木村にプレゼン。だが小日向は「うまくいけばフジテレビでドラマ化とかも……」「僕は一応、回想シーンで木村くんに技を教える板長役で」と自分の役まで算段に入れて笑いを起こす。「髪の毛バッチリ短くして。角刈りね」と言われた木村は「それはちょっと、要相談ですね」と返した。

終盤、本作のオススメポイントを聞かれた長澤は「水と油のような新田浩介と山岸尚美が、どのように信頼関係を築きバディになっていくのかが見どころの1つ。お互いを信頼し合う瞬間も出てくるので、楽しみにしていただけたら」と解説。ここで観客から「もっと(続編が)観たい!」という声が上がるが、聞き取れずにポカンとしている小日向を見て、木村は「次作を観たいって言ってくれてるの。『何言ってんのあれ?』じゃないですよ(笑)」とツッコむ。そして木村は最後に、観客へ「今日をもって『マスカレード・ホテル』は、僕らのものから皆さんのものになります。どうぞじっくりと味わってください」と語りかけた。

(c)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (c)東野圭吾/集英社