Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮川大輔演じるジャッカル富岡。

映画「ザ・ファブル」で宮川大輔がジャッカル富岡、オリラジ藤森が河合ユウキに

ナタリー

19/3/7(木) 8:00

6月21日(金)公開の映画「ザ・ファブル」に宮川大輔とオリエンタルラジオ藤森が出演する。

「ザ・ファブル」は、南勝久による同名マンガを江口カンが実写化する作品。ファブルと呼ばれる殺し屋(岡田准一)がボスから1年間の休養を命じられ、佐藤アキラという偽名を使い人を殺さない“日常生活”を送るさまを描く。

宮川大輔が演じるのは、お笑い芸人・ジャッカル富岡。いつも無表情なファブルを大笑いさせる唯一のキャラクターだ。上半身裸にネクタイという格好のジャッカル富岡を演じるにあたり、宮川は「腹が出ていたほうが面白い」と考え、前日の食事の量を増やして役作りに臨んだという。

オリラジ藤森は、ファブルの相棒・ヨウコ(木村文乃)をバーで口説こうとする“チャラい男”河合ユウキ役を担当。「両方の鼻にピスタチオを詰められて、片方だけ落ちるという難しい撮影もあったので、木村さんとは入念にリハーサルをしました!」と撮影を振り返っている。

なお、ファブルが一般人としてアルバイトする有限会社オクトパスの社員・貝沼役に井下好井・好井が扮するのは既報の通りだ。

宮川大輔 コメント

ジャッカル富岡は原作で非常に人気のキャラクターで、ファンの間では誰が演じるのか話題沸騰と聞きました。しかも岡田准一さん演じる伝説の殺し屋が唯一爆笑する芸人役ということで、その重要さを受け止め、魂を込めて演じました。ジャッカル富岡のシーンは、撮影全体の終盤に行われたので、先にアップしたキャストの皆様のバトンをつなぐ気持ちでやらせていただきました。衣装は上半身が裸にネクタイだけなので腹が出ていたほうが面白いと考え、前日には特盛3杯食べてできる限りの役作りをしました。

オリエンタルラジオ藤森 コメント

ヨウコ役の木村文乃さんとの共演で、終始ドキドキ、大興奮の現場でした! その木村さんに鼻にピスタチオを詰めていただけるというのは、たまらない経験でした! 両方の鼻にピスタチオを詰められて、片方だけ落ちるという難しい撮影もあったので、木村さんとは入念にリハーサルをしました! 演じさせていただいた河合ユウキは、ずっと女の子のことばっかり考えているどうしようもない奴ですが、憎めない可愛げのある奴だと思います! そんな河合の滑稽な様子に、笑ってもらえたらうれしいです。

(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える