Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市が“町田くん”を語る! 『町田くんの世界』コメント映像公開

リアルサウンド

19/4/24(水) 13:26

 6月7日に全国公開される『町田くんの世界』より、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市が“町田くん”について語る特別映像が公開された。

参考:高畑充希×前田敦子×池松壮亮が9年ぶりの再共演! 『町田くんの世界』場面写真公開

 本作は、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む計6部門を受賞した石井裕也監督が、第20回手塚治虫文化賞・新生賞受賞作家・安藤ゆきの同名漫画を実写化した青春映画。運動も勉強も苦手で、見た目も地味だが、人を愛する才能はズバ抜けている町田くんが、初めて“わからない感情”を知り、周りのすべての人を巻き込んで、驚天動地のドラマが動き出す模様を描く。

 1000人超えのオーディションを勝ち抜いた細田佳央太と関水渚の演技経験ほぼゼロの新人2人をメインキャストに迎え、池松、戸田、佐藤をはじめ、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、北村有起哉、松嶋菜々子ら豪華キャストが集結した。

 町田くんは、地味で、運動も勉強もできない、今までの主人公に必要な要素がない。しかし彼のたったひとつの才能は、すべての人を分け隔てなく愛すること。今回公開された特別映像では、池松、戸田、佐藤の実力派俳優が、今までいなかったニュータイプの主人公として話題の町田くんについて語っている。

 石井組常連の池松が演じる吉高洋平は、元々は文芸を目指していた週刊誌記者だ。不倫などのスキャンダルといったゴシップを追いかけ、記事にしていくうちに「世界は悪意に満ちている」と感じるようになっていく。そんな吉高は、通勤で使うバスで町田くんを見かける。いつも老人や妊婦に席をゆずり、捨てられてコロコロと転がる缶をごく自然に拾ったりする町田くんの姿を見ているうちに、彼が見ている世界が気になっていく。吉高洋平を演じた池松は、「美しい青年でしたよ。町田くんの世界に僕自身も浄化されたし、目の前の町田くんを見てほんの少しだけ世界が変わる瞬間を味わった」と、劇中で描かれる町田くんの姿に自身の心も洗われ、世界が少しだけ違ったものに見えたことを明かしている。

 戸田が演じる吉高葵は、池松が演じる吉高洋平の妻という役どころ。文芸を目指していた夫が、人のスキャンダルを追い、人間の汚い部分に触れて苦悩する姿を見ていく中で、夫を支えながらも彼を愛することに悩む。そんな複雑なキャラクターを演じた戸田は、「柔らかい少年で守ってあげたくなるのかな。いつも何を考えてるんだろうって気になる存在になるのかなと思います」と、誰にでも愛情を注ぎ、純粋で優しい町田くんが、世界の悪意というものを知らないからこそ柔らかく、守ってあげたい存在のように感じるとコメント。

 池松が演じる吉高の上司・日野を演じるのは、『バンクーバーの朝日』で2度目の石井組参加となる佐藤。スキャンダルを追う記者であることに悩み「世界は悪意に満ちていると」と嘆く吉高とは違い、悪意にこそ読者が求めているものがあるのだと説く。そんな日野を演じた佐藤は、「いわゆる世俗にまみれていない主人公の作品っていうのは、やっぱり今まで何本かはあったわけで、若い人たちにとっては新鮮に思ってくれなきゃ困るし、肝になるんじゃないのかなって思います」と、町田くんの魅力を語った。(リアルサウンド編集部)