Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

伝説の怪談を映画化 ジェームズ・ワン製作ホラー『ラ・ヨローナ~泣く女~』初夏公開決定

リアルサウンド

19/1/15(火) 20:00

 ジェームズ・ワン製作映画『The Course of La Llorona(原題)』が、『ラ・ヨローナ~泣く女~』の邦題で初夏に全国公開されることが決定した。

参考:<a href=”https://www.realsound.jp/movie/2019/01/post-300435.html”>菊地成孔の『アリー/ スター誕生』評:完璧さのインフレーション</a>

 本作は、『死霊館』ユニバースの産みの親であるワンが、伝説の怪談「ラ・ヨローナ」を映画化したホラー。ヨローナとは古くから中南米に伝わる呪われた存在。かつて愛する夫が浮気をしたことにより、嫉妬に狂った女は、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまう。その後悔から彼女は嘆き苦しみ、遂には正気を失って自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨っている。ヨローナは亡くした我が子を取り戻すように子供たちだけを狙い、さらっていく。そしてそのとき、必ずヨローナの泣き声が聞こえる。

 舞台は1970年代のロサンゼルス。とある母親が子供の危機を察知し助けを求めるが、ソーシャルワーカーのアンナはそれを無視してしまう。しかし、それはヨローナの恐怖の始まりで、次に狙われるのはアンナの子供たちだった。彼女の泣き声を聞いてしまうと、あの世に連れ去られてしまう。慈悲も祈りも通じない、執拗で残酷なヨローナの恐怖から、家族は逃げ延びることができるのか。

 ワンは本作について「僕らがよく観るタイプのホラーとは一線を画した恐怖を描く」と語っており、そのワンが「彼の演出は本当に恐い」と明言し、『死霊館』第3弾の監督を務めたマイケル・チャベスがメガホンを取る。さらに、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本ゲイリー・ドーベルマンがワンとともに製作に名を連ねる。主演のソーシャルワーカーの女性アンナを『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カデリーニが務め、彼女の子供エイプリルとクリスを『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウがそれぞれ演じる。

 公開された場面写真では、車中に籠城するエイプリルとクリスの姿が写し出されている。 (リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える