Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

SNS時代のSF? 範宙遊泳が本多劇場で代表作を再演

ぴあ

19/1/31(木) 0:00

山本卓卓率いる範宙遊泳の代表作『うまれてないからまだしねない』が本多劇場で上演される。

2014年に初演が行われた今作は、超新星が爆発し、雨が降り続けるようになった世界を舞台にした物語。日常をおびやかすできごとがどんどん起こるなかで、「ちょっと前まではこうじゃなかった」状況にぶつかり、戸惑う人々を描く。

範宙遊泳の作品では、スクリーンが効果的に使われることが多い。今作でも、登場人物たちの置かれた状況や、ある人物の考えなどが、言葉としてスクリーンに浮かんでは消えていく。「ザアア」と雨が文字で降ってくるようすを見ていると、実態と言葉とその意味の関係について考えずにはおれないし、ちょっとした思いつきやつぶやくまでもないようなささやかな言葉がスクリーンに浮かぶさまは、SNSを想起させる。

今回は本多劇場での上演。初演メンバーに加えて稲継美保ら小劇場界で活躍する面々が顔を揃えるほか、銀粉蝶が参加するのも大きなみどころだ。

なお、範宙遊泳は公式サイトで今作の戯曲を公開している。読んでも想像がつかない部分が多いと思うが、だからこそ、ぜひこちらを一読したうえでそれが目の前に立ち上がる姿を目撃してほしい。

1月31日(木)から2月3日(日)まで。

文:釣木文恵

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える