Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

CROWN POP

CROWN POP初の全国流通盤リリース記念しタワレコ新宿に登場、ファンとMVを初鑑賞

ナタリー

18/10/27(土) 16:15

CROWN POPが本日10月27日に東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペースにてニューシングル「午後四時ごろの好きです」のリリース記念イベントを行った。

ポップカルチャーイベント「@JAM」とタワーレコードによるコラボレーションレーベル・MUSIC@NOTEより、10月23日に初の全国流通盤として「午後四時ごろの好きです」を発売したクラポ。本日のイベントで6人は制服衣装に身を包んでステージに登場し、1曲目に「Snowy*Shiny*day」を届けた。さらに彼女たちは「Cheerful Butterfly」「夏キラリ☆」といったアッパーチューンを連続でパフォーマンスし、会場に集まったファンをヒートアップさせていった。

その後MCで休日の“午後四時ごろ”にいつも何をしているかを発表しつつ、1人ひとりが自己紹介し終えると、里菜が突然「私からこんなものを観てもらいたいと思います!」と言い出す。何も聞かされていなかったほかのメンバーが戸惑う中、ステージ横のモニタにシングルの表題曲「午後四時ごろの好きです」のミュージックビデオが映し出され、完成した映像を初めて観た6人は大興奮。ときに声を上げながらファンと一緒に笑顔でMVを鑑賞していた。そして彼女たちはシングルのカップリング曲であるポップなパーティソング「POPPER TIME」を歌ってから、十代の女の子の心情をストレートに表現した「午後四時ごろの好きです」を元気いっぱいに披露してライブを締めくくった。

ライブ後のマスコミ向けの取材で、三田美吹は「この曲では電車でしか会えないけど気になってしまうという“午後四時ごろ”の電車の中での恋を歌っていて。聴いていて頭の中でストーリーを想像できる曲になってるんじゃないかなと思います。電車が停止したときに体が傾くような振りだったり、つり革に掴まっているようなダンスがあるので、皆さんにも一緒に“つり革ダンス”を踊ってもらいたいです」と「午後四時ごろの好きです」を紹介。山本花織は「『Snowy*Shiny*day』が乙女な女の子の曲なのに対して、『午後四時ごろの好きです』は明るくて元気で恋愛することが楽しい女の子の曲で。私たちも明るい子ばかりなので、等身大の姿が描れていると思います」と説明しつつ、初の全国流通盤を発売できたことについて「私たちのCDがお店に並んでいることが信じられないです!」と興奮気味に話した。

また、サプライズでMVを公開する役を務めた里菜は「ライブが始まる前にMVを発表してほしいとスタッフさんに言われて、ちょっと映像を観させていただいたんですけど、『こんな感じにできあがったんだ!』と思って、早くみんなに観てもらいたいと感じました」「ファンの人と同じタイミングで一緒に観れたことがうれしかったです」と述べ、藤田愛理は「私たちはライブでの急な発表があまりないから、『よく見るやつだ!』と思いました。すごくびっくりしたし、うれしかったです」とコメント。三田はMVについて「私は本を読んでいる真面目キャラだったり、里菜は階段を元気に駆けていたり、かおりん(山本)は駅で寝ちゃってたり、それぞれの性格にあったキャラクターを演じていて。朝から1日撮影して『どんなミュージックビデオになるだろう』と思っていたんですけど、みんなが女優さんに見える作品になっていると感じました。普段は歌って踊ってるけど、ミュージックビデオを観ると全然違うかなって」と語った。

CROWN POP「午後四時ごろの好きです」
2018年10月27日 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース セットリスト

01. Snowy*Shiny*day
02. Cheerful Butterfly
03. 夏キラリ☆
04. POPPER TIME
05. 午後四時ごろの好きです

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play