Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

AKB48 小栗有以ら“胸キュンシチュエーション”に挑戦 山田孝之「主観になると破壊力がすごい」

リアルサウンド

19/1/23(水) 12:00

 ウーマンラッシュアワーが司会を務める『AKBINGO!』(日本テレビ系)1月22日放送分にて、「Kyun-1グランプリ2019」の模様がオンエアされた。

(関連:AKB48『NO WAY MAN』インタビュー写真

 同企画は、AKB48全グループが集結しグループ1可愛いチームを決めるというもの。今回は、特別審査員として山田孝之が登場した。何も知らされていないメンバーたちは驚愕。須田亜香里(SKE48)は「今までおじさん相手に胸キュンとかテンション上がらなかったんですけど、今日は頑張る!」と意気込みを見せた。今回、山田は番宣もなしに出演したとのこと。オファーを受けた理由について聞かれると「面白そうだからです!」と即答。かつて大島優子推しだったという山田は「企画で(推しを)見つけたい」と述べた。

 1回戦目は「返して胸キュントーク」。これは、男性との日常会話に胸キュンな一言を返すというもの。「俺たち、付き合ってるのバレたらやばくない?」というお題に対し、メンバーたちが回答していく。込山榛香(AKB48)は「そうだよ! だから今日の収録であんまりこっち見ないでね」と答えると最高得点を獲得。村本大輔(ウーマンラッシュアワー)は「何が収穫って、クールフェイスの山田さんの右の口角がくっと上がったこと。(胸キュンに)我慢しきれなくなるという」と山田をいじった。続いて、渋谷凪咲(NMB48)は「せやなあ……まあまあとりあえずチョコ食べよ」という珍回答で、スタジオを笑わせる。山田は「不安になったら相手に糖質をとらせてシュガーハイにさせて、余計なことを考えさせてないっていうのは、理にかなってるな」と言うと、 中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)から「もっとすんなりキュンしてください」とツッコまれた。

 2回戦目は「取り戻せ青春! アイテムでドキドキチャンス!」。これは、学校シチュエーションで男性目線のカメラに向かって胸キュンな一言を言うというもの。まず始めは小栗有以から。小栗は、相手の教科書に“スキ”と書き「だってなかなか気づいてくれないんだもん」と言う。小栗の胸キュンシチュエーションを見た山田はおもむろにメガネをかけ始める。同企画について山田は「主観になると破壊力がすごいんですね」とコメントし、審査に本気を出し始めた。続いて渋谷は、黒板に図形を書こうとするもハートを書いてしまうという展開から「笑ってるけどさ、あんたのせいやねんで。あんたが凪咲をこんなに夢中にさせるから悪いねんで。あんたのことめっちゃ好きやねんから、あほ」と言い放ち、高得点を獲得。爆笑しつつも胸キュンボタンを勢いよく押していた山田は「非常にくだらねえなと思って(笑)」と感想を述べた。

 本間日陽は“先生に恋をする女子”という設定で始める。「どうしてもわからない言葉があるんです」と言いながら辞書で「恋」を引き「“人を好きになって、会いたい、いつでもそばにいたい、という満たされない気持ちを持つこと”。うーんやっぱりよくわからないや。先生直接教えてくれますか」と胸キュン台詞を言い、渋谷と同得点を獲得した。山田は「先生も恋って何なんだろうなって考えて、答えがでるまで(ボタンを)押してたんですね。答えがでるまで考えてたんですけど……わかんねえや!」とコメントし、スタジオを笑わせた。

 次回は1月29日放送。引き続き「Kyun-1グランプリ2019」をオンエア予定だ。(向原康太)

アプリで読む