Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

権力とメディアの裏側を描く シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』特報&ティザービジュアル

リアルサウンド

19/2/14(木) 7:00

 シム・ウンギョンと松坂桃李がW主演を務める映画『新聞記者』の公開日が6月28日に決まり、特報映像とティザービジュアルが公開された。

参考:初登場3位『孤狼の血』は「東映復活」の鍵となる超重要作

 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』(角川新書刊)を原案に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。主演は『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』などで知られる韓国の若手女優シム・ウンギョンと、昨年『娼年』『孤狼の血』など話題作への出演で賞レースを総なめにした松坂。山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』の藤井道人が監督を務め、『かぞくのくに』『あゝ荒野』の河村光庸がプロデュースする。

 公開されたティザービジュアルは2種類。シム・ウンギョンと松坂が、国会議事堂を背に並び立ちながら、それぞれ違う方向を向く姿に、「この映画を、信じられるか」という大きなコピーが被さったものと、スポットライトがあたる国会議事堂と、そこに向かう車の流れが印象的な夜の霞ヶ関の風景に、「たった今、権力の闇の中へ」という刺激的なコピーが載ったものが制作された。

 あわせて公開された特報映像には、不穏な音楽を背景に、シム・ウンギョン演じる新聞記者の力強い眼差しと涙、松坂演じる官僚の苦悩、葛藤や怒りといった繊細な表情が次々と映し出される。

■シム・ウンギョン(吉岡エリカ役)コメント
松坂さんの作品は既に何本か拝見していたので、共演できたことを本当に嬉しく思っております。私にとって本作品は、芝居だけではなく日本語のセリフという乗り越えないといけない課題がありましたが、松坂さんの柔軟なお芝居に頼らせて頂きながら頑張ることが出来ました。監督のディレクションを直ぐに理解して芝居できる松坂さんの瞬発力をみて、沢山学ばせていただいた貴重な現場でした。このような機会を頂き、ありがたく思っております。

■松坂桃李(杉原拓海役) コメント
やはり目力がすごい方です! パッションみたいなものが、目から伝わってくるので、そこはすごく刺激を受けました。強く吉岡が迫ってくるところは、非常に記憶に残っています。あとはものすごくストイックで、監督と毎回ディスカッションしながら、お芝居を組み立てているので、「すごい、僕とは全然違う」と感じました(笑)学ばなければいけないところだと思いました! 妥協のなさというか、求め続けていく姿勢には大いに刺激をもらいました。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む