Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「あっちゅーまやねん 人生」ミュージックビデオのワンシーン。

加藤茶がROLLYらとバンド結成、川谷絵音手がけた楽曲でドラム叩く

ナタリー

19/1/11(金) 11:32

相模ゴム工業株式会社が販売するコンドーム「sagami original」シリーズの誕生20周年を記念したプロジェクト「あっちゅーまやねん人生」に加藤茶が参加。コレサワ、ROLLY、ウエノコウジ(the HIATUS、Radio Caroline)と共にバンド・originalsを結成した。

「あっちゅーまやねん人生」は、20周年にちなんで新成人に向けて立ち上げられたプロジェクト。originalsは「自分の正直な気持ちを伝えにくくなってきているこの社会において、怖がらないで自分の気持ちを正直に伝えるべきではないだろうか」というメッセージを曲で伝える。

彼らの楽曲「あっちゅーまやねん人生」では、川谷絵音が作詞作曲を担当。また加藤がドラム、ROLLYがギター、ウエノがベースを演奏し、コレサワがボーカルを務める。1月14日には、乙武洋匡や元プロ野球選手・森本稀哲ら総勢20名が登場するミュージックビデオが特設サイトで公開される予定だ。

加藤は自身が新成人だった頃を振り返り、「ドリフターズで本格的に音楽とお笑いをやっていこうという目標が見えたとき。でも20歳に戻れたら土地を買いまくるね(笑)」とコメント。また若者に向けて「成人式やるまでは好きなことをやっていいんじゃない? 暴走するのも若さ。でも成人式が終わったら、それをきっかけにリセットして大人になっていってほしい。そういう成人式にしてほしい」と語りかけている。

川谷絵音 コメント

20才の時なんて何も考えてなかったしまだバンドなんてやってなかったし曲も作ってなかった。今30歳だけど10年なんてあっちゅーまやねん。色々あるよ、これから。でもあっちゅーまだから後悔しないようにね。

コレサワ コメント

20才の時は自分のことがあまり好きではない時期だったので、記憶があんまりないんです。
唯一の思い出は、お祝いでおじいちゃんとお母さんからギターをもらったこと。今でもずっと使っているこのギターと一緒にこれから音楽頑張るぞって決めたのが20才の時。今、26才だけどこの6年間は2年くらいのスピード感で過ぎ去ってしまったので、みんな自分の好きなことを貫いていってほしいなと思います。

ROLLY コメント

20才の頃はサルでしたね。今考えるとたくさん恥ずかしいことや人を傷つけたりしたと思う。
ただこれまでずっとやり続けてきたのはギターで、ギターを持つと弾きまくってきた。今年成人を迎える皆さんに言いたいのは、“これは大変だ”“今度こそダメかもしれない”という事に是非チャレンジしてほしい。それが出来た時の喜びは最高に気持ちいいから。今回、弾いてみて僕凄い感じたので。

ウエノコウジ コメント

20才の時は極貧だった。お金がなくて大変だった。成人式に着ていくスーツも買えなかった。でも、バンドをやれることが楽しかった。そして、今もバンドをやっている。ご飯が食べられなくなったとしてもバンドは続ける。20才に戻れてもバンドをやるかな。俺は好きなことしかやってないけれど、早く好きなことを見つけた人が勝ちだなと思うよ。あと、 成人式に出れる人は出た方がいいよ。俺はその日もバイトしてたけど。

加藤茶 コメント

20才の時はドリフターズで本格的に音楽とお笑いをやっていこうという目標が見えたとき。でも、20才に戻れたら土地を買いまくるね(笑)。でも音楽とお笑いはやると思うよ。毎年色んな所で色んな成人式があって。若い人は成人式やるまでは好きなことをやっていいんじゃない? 暴走するのも若さ。でも、成人式が終わったら、これをきっかけにリセットしてこれから大人になっていってほしい。そういう成人式にしてほしい。

アプリで読む