Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『連隊の娘』舞台写真 (c) Marty Sohl/Metropolitan Opera

METライブビューイングの4月は “ハイC連発”のドニゼッティ『連隊の娘』

ぴあ

19/4/8(月) 0:00

世界最高峰のメトロポリタン・オペラ(通称:MET)の最新公演を映画館で上映する「MET ライブビューイング」。4月は、ドニゼッティ『連隊の娘』が全国の映画館で公開となる(4月12日~18日)。

フランスの連隊に拾われ、育てられた娘マリーと農村の青年トニオの恋の行方やいかに⁉ 

アルプスの麓・チロルで展開される心温まるハッピーなラブコメディが生き生きとお洒落なプロダクションとして展開されるこのオペラの聴きどころは、なんと言っても、奇跡の高音テノール、ハヴィエル・カマレナが、9つの高音ハイ C を炸裂させる〈ああ友よ、なんと嬉しい日!〉。これはまさに神業!さらには、プレティ・イェンデのきらめく美声とチャーミングな演技。さらには、ステファニー・ブライズの圧倒的な存在感も見逃せない。また本作では、二度ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされた映画女優キャスリーン・ターナーがオペラ・デビューを飾ることも話題の1つ。泣けて笑えてしびれるという、極上の幸せが味わえる珠玉のオペラ公演をぜひお楽しみあれ。

映画女優 キャスリーン・ターナーがオペラ・デビュー!

~オペラ・デビューは「新たな冒険」~
アメリカ・ミズーリ州出身の映画女優。『ロマシング・ストーン 秘宝の谷』『女と男の名誉』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞。『白いドレスの女』やテレビドラマ『フレンズ』にも出演。本作『連隊の娘』では台詞役のクラッケントルプ公爵夫人を演じ、オペラ・デビュー。今作のオファー後、実際に MET に足を運び、舞台に立って声を出した時の音の反響の素晴らしさに感銘を受け、出演を決心。ミュージカル 女優ケリー・オハラが出演しているオペラ『メリー・ウィドウ』にも刺激を受けるなど、自身のオぺラ・デビューを 「新たな冒険」と評する名女優が、意気込み十分で臨む!!

ドニゼッティ 『連隊の娘』

日時:4月12 日(金)~18 日(木)
上映館:東劇・新宿ピカデリーほか全国 19 館
上映時間:3時間2分(休憩1回)
MET上演日:2019年3月2日
指揮:エンリケ・マッツォーラ
演出:ロラン・ペリー
出演:プレティ・イェンデ、ハヴィエル・カマレナ、マウリツィオ・ムラーロ、 ステファニー・ブライズ、キャスリーン・ターナー
※キャストは余儀なく変更されることがあります。

『連隊の娘』舞台写真 (c) Marty Sohl/Metropolitan Opera

あらすじ

19世紀初めのチロル地方。進軍してきたフランス軍第21連隊には、戦場に棄てられていたのを軍曹シュルピスに拾われ、 連隊で大きく育てられたマリーというアイドルがいた。そんなマリーに、崖から落ちた彼女を助けてくれた農民の若者、トニオという恋人ができるが・・・。

METライブビューイング公式HP
https://www.shochiku.co.jp/met/