Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『24』日本版リメイクの制作決定 テレビ朝日と20世紀FOXがタッグ

リアルサウンド

19/1/8(火) 5:00

 アメリカのドラマ『24 ‐TWENTY FOUR-』がテレビ朝日でリメイクされ、『24 Japan』として2020年度に放送されることが決定した。

参考:『いだてん』革新的大河ドラマの幕開け! 役所広司が切り拓いたオリンピックへの第1歩

 アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた『24』は、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイルや、スピーディーかつスリリングな展開で話題を呼び、世界的大ヒットシリーズに。日本でも最も有名なアメリカのテレビドラマシリーズのひとつとなった。

 今回、テレビ朝日と20世紀FOXがタッグを組み、初の日本版リメイクが制作・放送されることが決定。「テレビ朝日開局60周年記念番組」として制作される本作は、24時間の出来事をリアルタイムで描くフォーマットはそのままに、随所にアレンジも追加される。国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込まれる。

 オリジナル版のシーズン1では、のちにオバマ大統領の就任で現実となった“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写し大きな話題を呼んだが、日本版ではテロのターゲットが女性総理大臣候補に変更され、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間が描かれる。また、日本版ジャック・バウアーの過去の任務は“海外での邦人人質救出”と“テロ用の化学兵器工場の爆破”に変更。日本の制度や文化に基づいて設定を適宜更新し、日本版ならではのリアルな世界観と新たな刺激を追求していくという。

 なお、本作はAbemaTVやビデオパスとも連携し、多角的なプロジェクトとして展開される。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む