Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ハード・コア」

「ハード・コア」監督の山下敦弘、東京国際映画祭でロボオとレッドカーペット歩く

ナタリー

18/9/21(金) 6:00

山田孝之、佐藤健、荒川良々の共演作「ハード・コア」が第31回東京国際映画祭で上映されることがわかった。

狩撫麻礼といましろたかしによるマンガ「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」をもとにした本作は、謎のロボット“ロボオ”と出会った不器用な男たちの姿を描く物語。世間になじめない純粋すぎる男・右近を山田、右近の弟・左近を佐藤、右近の友人・牛山を荒川が演じた。

「ハード・コア」は第31回東京国際映画祭の特別招待枠に出品される。監督を務めた山下敦弘は「東京国際映画祭での上映がワールドプレミアとなるので、世界で一番最初に観れるチャンスです。原作に出会ってから20年近く経っているのですが、原作への想いというか意地というか、とにかく全てが詰まっている作品なので、心して観てほしいですね」コメントした。

また山下が10月25日のオープニングセレモニーにて、ロボオと一緒にレッドカーペットを歩くことも明らかに。「ロボオはもちろんロボットなんですけど、映画の中でも重要な仲間というか登場人物で、この作品の一番のスターです。そのスターと一緒に歩けることは光栄に思います」と述べている。

第31回東京国際映画祭は10月25日から11月3日にかけて東京・六本木ヒルズほかにて開催される。「ハード・コア」は11月23日より全国でロードショー。

※「ハード・コア」はR15+指定作品

(c)2018「ハード・コア」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play