Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジョシュ・ハートネットが雪山で湖に落下! 『マイナス21℃』極寒の本編映像公開

リアルサウンド

18/7/19(木) 13:00

 7月21日より公開される映画『マイナス21℃』より、本編映像が公開された。

参考:観る側の心の迷いも吹き飛ばす 壮絶サバイバル『マイナス21℃』が魅せる凄み

 本作は、松竹エクストリームセレクションの第7弾として上映されるサバイバルスリラー。シエラネバダ山脈で遭難した元アイスホッケー選手の実体験を基に、厳寒の状況で生き抜いた1人の青年の姿を描く。主人公エリックをジョシュ・ハートネットが演じ、『ネイビーシールズ』のスコット・ウォー監督がメガホンを取った。

 このたび公開された本編映像は、スノーボードの途中で道に迷ったエリックが凍える寒さの中、凍った湖に突然落下し、這い上がろうと必死にもがくシーン。このシーンを含む本編はウォー監督のこだわりにより全てCGを使用せずに撮影されたものだ。

 ウォー監督は撮影の背景について、「僕は幼少期にエリック・ルマルクと出会い、一緒にホッケーをプレーしたことがあるんだ。だから、映画化が決まった時、この物語を正しく描かなくてはと感じたよ。僕は事実はフィクションよりも多くを物語ると思っているから、撮影・制作は全てCGなしで挑んだんだ。この映画は実在する人物が経験した本当の物語。そこに込められた“希望”や“あきらめない”というメッセージは全世界共通だと思っているんだ。だから、山でエリックに何が起きたのかを誠実に伝えることが重要だと思ったんだ」と、その理由を語っている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play