Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

吉沢亮

吉沢亮「ママレード・ボーイ」の“キュンキュン”シーン語る、佐藤大樹のコメントも

ナタリー

18/9/5(水) 10:00

桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演作「ママレード・ボーイ」のBlu-ray / DVDが、9月12日に発売。このたび特典映像の内容の一部が到着した。

吉住渉による少女マンガを廣木隆一が映画化した本作は、互いの両親のパートナーチェンジをしての再婚により、ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生・小石川光希と松浦遊を描くラブストーリー。ソフトのプレミアムエディションには、キャスト陣がお気に入りシーンについてトークする“シーンセレクション”という特典映像が収録される。同映像内で遊役の吉沢、光希を一途に思うクラスメイト・銀太役の佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS)が語った内容の一部コメントが公開された。

最初の顔合わせの段階から親交を深めていったという吉沢と佐藤。吉沢は同級生役のキャストに声をかけ、食事に誘うリーダー的な存在だった。佐藤は吉沢について「芝居に対して真面目で愚直で貪欲で……こんなに芝居が心から好きな人っていないんじゃないかなって思った同世代の役者さんです」とコメント。一方の吉沢は佐藤を「すごく素直。それこそ銀太みたいに兄貴っぽいとこもあれば、どこか弟みたいなとこもあって。ほっとけない感じというか……まっすぐですね」と語った。

さらに吉沢は個人的にもっとも“キュンキュン”したという図書室のシーンに言及。遊が偶然、優希美青演じる茗子と竹財輝之助扮する教師・名村慎一が恋人関係にあることを知ってしまう場面だ。「茗子がすごくかわいくて。美青ちゃんの初めてのキスシーン。キスからの、頭ぽんぽんをもらってからの、先生を見届けちゃう、その後ろ姿。これが一番のキュンキュンポイント。茗子は光希と一緒だとお姉さん的存在だけど、先生とのシーンはすごく高校生らしさが出ていていいなと思います」と明かしている。

なおプレミアムエディションには、未公開シーンやメイキングなども含め3時間を超える特典映像を収録。三方背スリーブケースとなる初回仕様の商品には、5枚組のポストカードと24ページのブックレットが付属する。

(c)吉住渉/集英社 (c)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play