Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

A.B.C-Z 橋本良亮、堤真一×岡村隆史『決算!忠臣蔵』で時代劇初挑戦 「とても濃密で幸せな時間」

リアルサウンド

19/4/3(水) 7:00

 A.B.C-Zの橋本良亮が、堤真一と岡村隆史のW主演映画『決算!忠臣蔵』に出演することが発表された。

参考:橋本からのコメント

 本作は、東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』を映画化する、『殿、利息でござる!』『忍びの国』の中村義洋監督最新作。筆頭家老の大石内蔵助が、主君・浅野内匠頭の仇を討つため、その妻・瑤泉院から預かった上限予算9500万以内で討入りするミッションに挑む模様を、全編関西弁で描く。

 大石内蔵助役を堤、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助役を岡村が務めるほか、濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史らが出演する。

 今回第4弾キャストとして発表された橋本が演じるのは、赤穂浪士・武林唯七。史実では仇敵・吉良上野介に一番太刀を付けた人物としてもその名を知られている。早くから討入りを主張する浪士きっての過激派で、不義・不正を憎む剛直な性格ながら、大事なところでどこかズレた、おっちょこちょいな部分も持つ、人間味の溢れる人物だ。討入りをめぐって右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の1人として、物語の重要な役割を担う。

 橋本の映画出演は、『劇場版 BAD BOYS J ー最後に守るものー』(2013年)以来2作目、本作で時代劇初挑戦となる。撮影前「A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです」と意気込んでいた橋本だが、あるシーンでは納得がいかず20テイク以上重ねる場面も。「素晴らしい共演者の方々といいものを作りたいです」と語っていた橋本は、撮影現場で、うまくいかない苛立ちが募り、大声をあげ自分自身を奮い立たせる姿も見せた。

 クランクアップ時に橋本は、「やっとわかってきたところです。あっという間の1ヶ月半でした。まだまだ出来ます!」と謙虚に答えつつ、物足りなさを感じるほど撮影に没頭していた様子を伺わせた。そして「また時代劇をやりたいです」と、今回の参加に十分な手応えを感じたよう。

 橋本は出演にあたり「今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました」とコメントしている。

キャスト・スタッフコメント
橋本良亮(A.B.C-Z)
今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。
初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました。
事務所の先輩である横山くんの俳優としての姿にもとても痺れました!
笑いあり涙ありの内容になっているので、是非多くの方に見てもらいたいです!

中村義洋監督
別にヤッカミじゃないんですけど、イケメンのカッコ悪い様って面白いじゃないですか。
橋本くんが演じた武林唯七は年収が170万円ほどで、御家断絶後も浪人となり、さらに困窮しまくる役なので、あの涼しげな橋本くんもどんどん薄汚く、余裕なく、カッコ悪くなっていくわけで……たまらなく面白かったです!
でも本人も楽しそうでしたから、ファンの皆さん、許してください。

池田史嗣プロデューサー
橋本さんは初参戦の中村組において監督から細やかな指導を受けつつ、どこまでもまっすぐにその演出に食らいつこうとする懸命な姿勢と、堤さんや事務所の先輩の横山さんをはじめとする、主演級だらけの錚々たる共演者たちとも積極的に言葉を交わし、沢山の刺激を受けている姿が印象的でした。
史上初、全編関西弁の『決算!忠臣蔵』において、武林唯七は堀部安兵衛と共に貴重な江戸組メンバー。
決して悪い人ではないものの、やる気が空回りして大石内蔵助を困らせてしまう面白い役どころ。
劇中ではちょっとやんちゃでどこか憎めない、魅力的な橋本さんの姿をお見せできるかと思います。
どうぞご期待くださいませ。 (リアルサウンド編集部)