Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

三吉彩花がオフィスで踊る! 矢口史靖監督最新作『ダンスウィズミー』超特報映像公開

リアルサウンド

18/11/20(火) 7:00

 三吉彩花が主演を務める映画『ダンスウィズミー』の超特報映像が公開された。

参考:<a href=”http://www.realsound.jp/movie/2018/11/post-280739.html”>動画はこちら</a>

 本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』などを手がけてきた矢口史靖監督の最新作。自分にちょっと無理をしながら一流企業で働く鈴木静香(三吉彩花)は、催眠術である日突然、音楽を聞くと、いつでもどこでも歌わずに踊らずにいられない体になってしまう。 携帯の着信音、駅のホーム音、テレビや街中で流れるどんな音楽でも、自分の意志に反して勝手に歌って踊りだしてしまう……。仕事もお金も失った静香は、催眠術師を探して日本中を駆け回るが、果たして静香は元のカラダに戻れるのか。歌い、踊り続ける中で彼女が最後に見つけた大事なものとは。

 今回公開された映像では、「2019年夏、日本中が踊り出す!」というナレーションから、三吉がオフィスでダンスを踊る撮影中の様子が映し出されており、色とりどりのシュレッダーの紙吹雪が舞う中、他の社員たちを巻き込んで軽快な歌とダンスを繰り広げる。また、三吉がダンスの振り付けを確認しながら矢口監督とコミュニケーションを取るメイキング風景も確認できる。

 矢口監督は本作について、「急に歌ったり踊ったりするミュージカルへの“なぜ?”という違和感自体をミュージカルのテーマにできないかとずっと考えていました。そして、ミュージカルなんか全然したくないのにすることになった女の子の話を思いついた時に、これはいける!と思ったんです」と語っている。 (リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play