Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセンを語る 『ウインド・リバー』インタビュー映像

リアルサウンド

18/7/26(木) 17:37

 7月27日に全国ロードショーされる『ウインド・リバー』より、ジェレミー・レナーのインタビュー映像が公開された。

動画はこちら

 第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞した本作は、『ボーダーライン』『最後の追跡』の脚本を手がけたテイラー・シェリダンの初監督作。厳寒の大自然に囲まれた、アメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”を舞台に、ある日見つかった少女の凍死体の第一発見者であり、地元のベテランハンターのコリー・ランバートと、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナーが捜査に挑む模様を描く。

 トラウマを抱えながら、ハンターとしてネイティブアメリカン保留地に暮らす主人公を演じたレナーは、インタビュー映像の中で「何よりも惹かれたのは父親役だということと、本作のテーマとして描かれる彼の行動だ。困難に対して向き合う時もあれば目を背ける時もある。そういう葛藤は演じ甲斐があるし挑戦したいと思ったんだ。心に苦しみを抱え困難な状況に直面してるのに、それでも周囲に手を差し伸べようとする。高潔さと強さの中にある悲しみを感じた」とコメント。

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、ホーク・アイとして出演しているレナーだが、同作にスカーレット・ウィッチ役で出演しているエリザベス・オルセンが、今作では新人FBI捜査官ジェーンを演じている。そんな彼女との再共演について、「彼女は深い考えの持ち主でとてつもなく強い女性だ。作品のためなら何だって恐れずにやる。本当に勇ましい兵士のような女性。彼女は最高の共演者だよ」と振り返っている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play