Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

フリッツ・ラング特集上映に『メトロポリス』『飾窓の女』『M』など20本超

CINRA.NET

18/7/20(金) 21:00

上映イベント『フリッツ・ラング監督特集』が7月21日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

フリッツ・ラングはオーストリア出身の映画監督。1919年に『Halbblut』で監督デビューし、1927年にSF映画『メトロポリス』、1931年にトーキー作品『M』を発表した。1934年にフランスへ亡命。後にハリウッドに招聘され、『激怒』『ブルー・ガーディニア』、ベルトルト・ブレヒトが協力した『死刑執行人もまた死す』などを製作した。妻は脚本家のテア・フォン・ハルボウ。

同イベントでは『メトロポリス』をはじめ、『蝶々夫人』を翻案した『ハラキリ』、ナチス政権下で上映が禁じられた『怪人マブゼ博士』、実在した強盗犯ボニー・パーカーとクライド・バロウから着想を得た『暗黒街の弾痕』、エドワード・G・ロビンソン主演作『飾窓の女』、マリリン・モンローらが出演する『熱い夜の疼き』など24本を上映予定。『怪人マブゼ博士』のみ16ミリフィルムでの上映となる。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play