Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キュープラザ池袋の外観。

池袋にIMAXレーザー導入の“都内最大級”シネコン誕生、2019年7月オープン

ナタリー

18/10/24(水) 16:00

グランドシネマサンシャインが、2019年7月に開業予定である東京・池袋の商業施設キュープラザ池袋内にオープンする。

キュープラザ池袋は、地下2階地上14階建ての池袋東口エリア最大級となる新たな商業ビル。地下1階から地上3階の商業フロアにはさまざまな店舗が集まり、4階から12階には12スクリーン、約2500席からなる都内最大級のシネマコンプレックス、グランドシネマサンシャインが出店される。

同劇場の目玉は、常設の映画館としては国内最大となる高さ18.9m、幅25.8mのスクリーンを備えたIMAXレーザー / GTテクノロジーシアター。従来のスクリーンより約40%広がった大型スクリーン、4Kツインレーザープロジェクター、アップグレードされたIMAX12chサウンドシステムにより、迫力あふれる映画体験を届ける。

さらに体感型アトラクションシアター・4DXや、映画の中に入ったような感覚を楽しめるオリジナル劇場規格BESTIA(ベスティア)などを導入。座席はグランドクラス、プレミアムクラス、レギュラークラスの3グレードが用意され、IMAXシアターの最前列には寝転んで鑑賞できるフラットシートが設置される。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play