Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アイドル=少女というイメージは払拭できるか 乃木坂46らの功績と社会の現状から考える

リアルサウンド

19/5/11(土) 8:00

 AKB48に代表される2010年代の女性グループアイドルシーンについて論じられるとき、その群像劇はしばしば「成長を見守る」ことを旨とするコンテンツとして解釈されてきた。芸能の入口に立つ人々を多く含んだ若年者たちによる表現の魅力のありかが語られるうえで、それはいかにも飲み込みやすい説明ではある。実際、彼女たちのパーソナリティが継続的に享受対象となるこのエンターテインメントにおいて、芸能者として成長してゆくプロセスや物語性が訴求力になってきたことは間違いない。

(関連:指原莉乃を特別な存在にした2つの力 AKB48から“国民的アイドル”になった理由

 「成長を見守る」といった視点でグループアイドルを枠付けることは、「未熟さを愛でる」ものとしてアイドルを捉えてゆくことにつながりやすい。加えて、グループアイドルの代表格として存在してきたAKB48が、学生服を着想元にした衣装をたびたび製作したことも、アイドルの表現に若さや未熟さのイメージを結びつける。

 AKB48がその多様で繊細なプロダクトによって、アイドルの衣装文化の水準を押し上げ、豊かな視覚表現をもたらしたことの意義は小さく見積もるべきではない。他方で、学生服モチーフの衣装に印象的に用いられた赤基調のタータンチェックがほとんどグループアイドルを想起させる記号にまでなったように、グループアイドルをとりわけ学校的な「若さ」と親和性の高いものとして位置づけることにもなった。

 上記したこれらの要素は、女性アイドルがごく若年の刹那――いわば「少女」を表現するものであるというイメージをさらに強化してゆく。

 もっとも、AKB48グループがメンバーを循環させながら複合的なエンターテインメントの組織として今日の「アイドルグループ」のフォーマットを確立し、長期にわたって組織を運営しえたことで、「アイドル」という職能を長い年月継続するという選択肢はむしろ拓かれてもいる。10年前後の歳月を48グループで過ごし、「アイドル」の表現を洗練させながら芸能者としてのキャリアを重ねてゆく48メンバーやOGの事例からうかがえるのは、「少女」にとどまらない表現を獲得して以降の、成熟した立ち回りこそが支持を拡大する鍵になっているということだ。

 前回の記事で触れたように(AKB48、坂道グループ……今、世の中が求めるアイドルグループのあり方を改めて考える:https://www.realsound.jp/2019/05/post-355673.html)、AKB48グループが整備したのは、メンバー個々人が自己表現の方法を模索するための、間口の広いフィールドであった。前回言及した指原莉乃であれ吉田朱里であれ、あるいは柏木由紀であれ、それぞれが自らの適性にかなう表現の方向を探り当てながら、卓越した発信力やバランス感覚によって支持を増やしポジションを築いてきた者たちである。彼女たちのアウトプットはおよそ「未熟さを愛でる」たぐいのそれではない。

 また、メンバーが基本的に固定されている少人数グループについていえば、同じく2010年代のアイドルシーンを歩み、やがて無二の位置を手にしたNegiccoやPerfumeといったグループは、原則的にはグループアイドルとしての表現形式を保ちながら、「少女」の表現であることを必然としない円熟した作品やパフォーマンスを自らのものにして久しい。あるいは、2011年に結成された乃木坂46は長年のキャリアを経たのち、その代表的な表現の射程が「少女」を超えた普遍性を持った2010年代終盤に、社会的に巨大な存在となり女性アイドルシーンの中心に立った。

 こうした現在地をみるとき、「少女」としての表現は、いまだ女性アイドルグループの代表的なイメージあるいはステレオタイプではあれ、必ずしも実像を十全に説明しうるような要素ではなくなっていることが垣間見える。

 それでもなお、きわめて若年の一刹那を表現するものとしてのアイドルのイメージは強固ではある。ライブMCやバラエティ番組などで年長メンバーが“高齢”であることがからかわれたり自虐的に言及されたりする慣習は、なによりこの社会全体が温存してきてしまったエイジズムの反映といえるが、それらはアイドルの表現が「少女」というイメージに還元され続けることで、より保持されやすくなる。社会の空気として年齢を「いじる」ふるまいが流通している以上、アイドル個々人がさしあたりその流れに順応することは、現在を生きていくためのリアリティたらざるをえない。だからこそ、その旧弊を乗り越えてゆく作業は、特定のアイドル個々人だけではなく周囲を含めて集合的になされるべきであろう。それは、「少女」の表象のみに還元されない今日の女性アイドルのアウトプットを捉える上で、状況の更新の一助となるはずだ。

 付言するならば、年齢にかかわらずアイドルと「未熟さ」のイメージとが結びつけられやすいのは、アイドルという職能の性質のわかりにくさにもよっている。ミュージシャンや俳優、モデルといった既存の特定ジャンルの専従者であれば、その人物に熟練のスペシャリストとしてのイメージを見出すことはたやすい。しかし、アイドルは一見それらと並列するジャンルのようであるが、その実、時機に応じて他の既存ジャンルをそのつど横断してアイコンを演じるという性格をもっており、やや位相の異なる職能である。加えて、音楽に関していえば、楽曲について自作自演でないことが“主体性”の有無の論拠として想定され、その基準をもとにアイドル/アーティストという実りの乏しい二分法が設定されることもいまだ少なくない。

 アイドルが既存ジャンルを横断してゆくのは、先述のように自己表現の方向性を模索するための営為でもある。しかし同時に、もとより求めに応じていくつもの水準において即座にアイコンを演じ続けてみせるという営み自体が、アイドルという職能のプロフェッショナル性である。特定の既存分野への専従とは異なるその実践のうちに、技術的な洗練も平衡感覚も、“主体性”も見出しうる。おそらくは、今日的なアイドルという職能の性格については、その意義や可能性を包括して整理するような言葉が、まだ充分に紡がれていない。アイドルの職業的性格が理解され難いのは、そうした解読や批評的な言語の追いつかなさのためでもあるだろう。

 その意味では、キャリアを重ねて円熟をみせるグループが「少女」の表象を超えたアウトプットをみせる機会が多い現在は、アイドルという実践の熟練性や可能性を発見しやすい時期といえる。それは、アイドルの職能を語る言葉を更新する好機でもあるのかもしれない。(香月孝史)