Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「連続ドラマW 絶叫」第1話完成披露試写会の様子。「怖い顔してください」というカメラマンからのリクエストに、この日一番の笑顔で応える尾野真千子(左)、安田顕(右)。

尾野真千子主演「絶叫」初回に安田顕は登場せず?「2週目で私が出ると有料に」

ナタリー

19/3/19(火) 20:22

「連続ドラマW 絶叫」の第1話完成披露試写会が本日3月19日に東京のスパイラルホールで行われ、キャストの尾野真千子、安田顕が登壇した。

葉真中顕の同名小説を実写化した本作は、借金を抱えた父親の失踪をはじめとして、さまざまな不幸に見舞われた主人公・鈴木陽子が、生きるために保険金殺人に手を染めていくサスペンス。陽子を尾野が、陽子を殺人者へと変貌させていく神代武を安田が演じた。冒頭で安田が「これから第1話をご覧いただくということですが、私はほとんど出ておりません」と明かすと、尾野は「(観客が)みんな帰るで」とツッコむ。第1話は無料で放送されることから安田は「2週目で私が出ると有料になります!」とコメントを重ね、観客を笑わせた。

初めて台本を読んだ感想について尾野は「私の演じる役がとても悲しくて、これまでこんなことあったかなと思うほど心が痛くなったんです。自分がこの役を演じるんだと思うと不安になりました」と吐露。続けて「でもこの役を演じることで何かが変わるんだという気持ちになり、私がやりたいと思うようになりました」と語る。安田はオファーを受けた際の心境を問われると「ありがとうございます、ということでお受けしました。よく出演を決めた心境を聞かれるんですが、(仕事を)断ったためしがないんです」と述べる。尾野が驚きの表情を浮かべ「嘘、断ってるんちゃうん! だって“安田顕”よ?」と問いかけると、安田は「だってさあ、お芝居してお仕事になるだけでありがたいじゃない」と理由を語った。

撮影現場でのエピソードについて2人は「特になかったね」と声をそろえる。しかし安田が「打ち上げのカラオケが楽しかったですね」と思い起こすと、尾野も「ねー! 楽しかった」とほほえんだ。また、尾野が「レット・イット・ゴー」を歌う際、安田は合いの手のほかにある手助けをしたという。「尾野さんが自分でマイクを持たんのですわ。だから熱唱されている間、尾野さんが立ち上がったり座ったりするのに合わせてマイクを上げたり下げたりしてました」と語り、会場を沸かせた。

続けてMCは2人に「第一線で活躍するための原動力は?」と質問。尾野は「いっぱいあります。食べることもそうですし、ファンの方々の存在もそうです。ちょっとした言葉をかけていただくだけで、次もがんばろうという気持ちになります。また、1つの作品を終えるたびに次もやりたいと思いますから、たくさんの原動力があります」と述べる。安田は「特に思い浮かばない」と話しながらも「第一線で活躍している自覚がないので、第一線で活躍したい!と思うモチベーションはあります」と話した。

「連続ドラマW 絶叫」は、3月24日よりWOWOWプライムにて放送スタート。

連続ドラマW 絶叫

WOWOWプライム 2019年3月24日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全4話。第1話のみ無料放送

アプリで読む