Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©KADOKAWA

上映企画『京マチ子映画祭』に『羅生門』『雨月物語』『地獄門』など32本

CINRA.NET

18/12/27(木) 18:12

上映企画『京マチ子映画祭』が2月23日から東京・角川シネマ有楽町ほかで順次開催される。

1949年に大映に入社、女優デビューした京マチ子。黒澤明監督の『羅生門』で『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞、溝口健二監督の『雨月物語』で同銀獅子賞、衣笠貞之助監督の『地獄門』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールなど、主演作が海外の映画祭で次々と賞を獲得したことから「グランプリ女優」と呼ばれた。

同イベントでは、来年に京マチ子がデビュー70周年を迎えることを記念して、代表作32本を一挙上映。上映作品には、溝口健二監督の『雨月物語』『赤線地帯』、小津安二郎監督の『浮草』の4K修復版に加えて、黒澤明監督の『羅生門』、衣笠貞之助監督の『地獄門』、市川崑監督の『鍵』『ぼんち』などがラインナップしている。『赤線地帯』の4K修復版の上映は国内初。イベントの開催発表とあわせて予告編が公開された。

アプリで読む