Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

モリッシーの若き日描く『ENGLAND IS MINE』5月公開 スミス結成前夜物語

CINRA.NET

19/3/12(火) 12:00

映画『ENGLAND IS MINE(原題)』が、5月31日から東京・渋谷のシネクイントほか全国で公開される。

同作はイギリスのバンド・The Smithsのボーカリストであるモリッシーの若き日を描いた青春音楽映画。1976年のマンチェスターで高校をドロップアウトし、ライブハウスに通っては批評を投稿する日々を送っていたスティーブン・モリッシーが、出会いや別れ、苦悩と挫折を乗り越えてミュージシャンとしてのアイデンティティーを確立するまでを描く。

若き日のモリッシー役を演じるのは『ダンケルク』のジャック・ロウデン。モリッシーの才能を見抜いて後押しするアーティストの卵リンダー・スターリング役を『ダウントン・アビー』のジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、モリッシーを誘惑する職場の同僚クリスティーン役を『キリング・イヴ/Killing Eve』に出演するジョディ・カマーが演じる。

メガホンを取ったのはマーク・ギル。プロデューサーはイアン・カーティスの伝記映画『コントロール』も手掛けたオライアン・ウィリアムズが務めている。劇中にはNew York Dolls、Roxy Music、Sex Pistols、Mott the Hoopleらの楽曲が使用されている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える