Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「世にも奇妙な物語'18秋の特別編」の1編「脱出不可」。

坂口健太郎「世にも奇妙な物語」で主演、“脱出ゲーム”に挑む編集部員役

ナタリー

18/10/31(水) 6:00

11月10日にフジテレビ系の土曜プレミアムで放送される「世にも奇妙な物語'18秋の特別編」。本作の1編「脱出不可」にて坂口健太郎が主演を務めていることがわかった。

「世にも奇妙な物語」シリーズ初出演の坂口が、出版社の編集部で働く志倉真司に扮する「脱出不可」。ある日、目を覚ますとコンクリートの狭い部屋に閉じ込められていた真司が、同じ境遇の男女3人と自身を映すモニターが設置されている部屋から出ようと“脱出ゲーム”に挑むさまが描かれる。

坂口は台本を読んだ感想を「SNSの怖さを感じる作品になっていると思いますが、実際、誰の身に起きたとしてもおかしくない話だと思うんです」「現代に生きる人の行動心理を表現した作品」と述懐。「主人公と一緒に視聴者の方にもストレスを感じながら見て欲しいと思いますし、そのためにも臨場感やスリル感をどうやったら表現できるか、試行錯誤しながら演じました」と撮影を振り返っている。

番組では「脱出不可」のほか佐野史郎と勝地涼が共演する友情ドラマ「幽霊社員」、国仲涼子が主演を務める不気味なファンタジー「あしたのあたし」、川栄李奈と本郷奏多が出演するホラー「クリスマスの怪物」もオンエア。タモリがストーリーテラーを務める。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語'18秋の特別編」

フジテレビ系 2018年11月10日(土)21:00~23:10

坂口健太郎 コメント

台本を読んだ感想

自分ならどうするだろうって考えました。SNSの怖さを感じる作品になっていると思いますが、実際、誰の身に起きたとしてもおかしくない話だと思うんです。心のどこかで他人事を客観視したり、自分と距離をあけてしまったり……。そういった現代に生きる人の行動心理を表現した作品ですので、視聴者の方がリアリティを感じてくださったらこの作品として成功なのかなと思います。

志倉真司を演じてみて

密室に一人きりで閉じ込められるというシチュエーションでしたので、演じる難しさを感じました。モニターの向こう側に相手はいるんですけど、目の前にいないという感覚が不思議で。主人公と一緒に視聴者の方にもストレスを感じながら見て欲しいと思いますし、そのためにも臨場感やスリル感をどうやったら表現できるか、試行錯誤しながら演じました。狭い密室の中で動けるスペースは当然限られるので、その分、表情や身振り手振りだけなく、いろんな表現の仕方を駆使しなければいけないなと思いました。

視聴者へのメッセージ

この作品を通じて何かメッセージを届けたい、というよりは、視聴者の皆さんに負荷を感じていただけたら、きっと心に残る作品になるんだろうな、という気持ちです。必ずしもポジティブな感覚ではないかもしれませんが、負荷をかけて見ていただいた方が、より一層物語を面白く感じていただけるんじゃないかなと思います。

(c)フジテレビ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play