Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高橋一生に女性スタッフは目がハート? 榮倉奈々がドラマ撮影現場の様子明かし、西畑大吾は対抗

リアルサウンド

18/10/3(水) 5:00

 10月9日よりスタートするカンテレ・フジテレビ系新火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』の制作発表会見が10月1日、都内スタジオにて行われ、主演の高橋一生をはじめ、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、戸田恵子、小林薫のキャスト陣が登壇した。

参考:高橋一生、『僕らは奇跡でできている』で演じた“変わり者”の生き方 「気づきを得るのは周囲の人々」

 『僕の生きる道』シリーズ(カンテレ・フジテレビ系)、『フリーター、家を買う。』『フラジャイル』(ともにフジテレビ系)などの脚本を手がけた橋部敦子による完全オリジナル作品となる本作は、“時間を守れない”“人の話を聞かない”“空気を読めない”と、周囲の人間をイラっとさせるがなぜか憎めない、動物行動学を教える大学講師の主人公・相河一輝の姿を描いた物語。

 民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる高橋は、まだ撮り始めて3週間という本作について、「僕自身、とても発見の多いドラマになっています。相河一輝を通して、世界を見れている最中です。とても楽しい現場になっているので、きっとこの世界観、面白さを皆さんに共有していただけると思っています。観る方によって、捉え方や受け取り方はきっと変わってくるかと思います。でもそれでいいドラマだと思っています」とコメント。

 そんな高橋演じる一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実を演じる榮倉は、「容姿端麗なのに仕事もプライベートもうまくいかない、こじらせ気味な~」という役の紹介を受け、「紹介文がとても恥ずかしくて気まずいんですけども……」と苦笑い。そして司会から高橋の現場の様子を問われると、榮倉は「うーん。でもそれを言うと(高橋さんが)嫌がりそうだからどうしようかな……」と言うのをためらうが、高橋からの「どうぞ言ってください」という言葉を受け、「現場のスタッフさんは結構女性が多くて、みんな目がハートになってますよ」と明かす。すると高橋は「絶対嘘ですよ!」と反論。榮倉がすかさず「本当ですよ! 本当なんですよ」と言い返すと、高橋は「ちょっと自信出ました」と返し、そのやりとりに会場は笑い声に包まれた。

 一方、関西ジャニーズJr.の西畑は「一輝の講義を受ける学生で、イケメンなのにちょっぴり天然な新庄龍太郎を演じる~」という司会からの役柄の紹介に、「イケメンなんですね。そんなイメージなかったですけど(笑)。頑張ってイケメンを演じさせていただいています」とあいさつをしながら、「現場では一生さんが女性スタッフの皆さんの目をハートにさせていますけど、僕は視聴者の皆さんの目をハートにできればなと思います」と意気込みを語り、会場を沸かせた。

 会見の中盤では、『僕らは奇跡でできている』というドラマのタイトルにちなみ、「自身は何でできているか」という質問コーナーが。高橋が「台本」、榮倉が「睡眠」、要が「走」と回答する中、司会から「大島さんはいかがですか?」と振られた児嶋は「児島だよ!」とおなじみのギャグを披露。「さっきやってよ。最初にやるんだよ」と、最初の一言の際に振ってもらえなかったことをダメ出ししつつも、「僕はだいたい『児島だよ!』でできている」と流れに乗った回答。「だいたい番組とかのオープニングで『大島さん』(と振られて)『児島だよ!』。これでもう仕事の8割終わってます」と話すと会場は爆笑の渦に包まれた。なお、西畑は「実家」、戸田は「生のステージを鑑賞すること」、小林は「イカ、タコ」と回答した。

 最後に高橋は、「受け取る皆さんが自由に受け取ってくださっていいドラマだと思います。観ていただけると分かると思うんですが、分類がしにくいドラマなんじゃないかなと。それだけたくさんの楽しみ方ができるドラマではあると思います。いろんな人がいて、それぞれが素晴らしいものを1人ずつ持っているということを説教臭くなく伝える、観終わった後の豊かさを大事にしていただけるドラマになるんじゃないかなと思っています」と作品をアピールし、会見は終了した。

 なお、高橋は会見後に囲み取材に応対。作品の手ごたえやこれまでになかったことを聞くと、「全部がこれまでになくて。自分でちょっとかき回してるふしがあります。なんだかすんなりスルスルいってしまうのがすごく寂しくなったりするんです。喋り出すと止まらないキャラクターなのでバーッといくんですけど、リズムに還元されるのが寂しいんですかね……。もっと噛み締めながらやりたいところがあって、わざと自分で混乱を招くようなことをして、楽しんでる節はありますね。今まで自分がやったことのないことをいろいろトライして、面白がっている最中かなと思います」と回答。

 そんな高橋だが、共演者とのコミュニケーションはできる限り取らないようにしているという。その理由について「ここ1~2年ぐらいからそうなり始めてるんですけど、のめり込む時間帯がすごく長くなってしまっている」と話しながら、「今回は客観したときにいつもより話さないということが起きている。ある意味自分のペースで生きている人間なので、あまり気遣いなく、のびのびやらせてもらっている感じなのかもしれないです」と、自身が演じる一輝というキャラクターの影響も明かした。

 また、出演発表の際に「こんなに早く共演させていただけることは光栄ですし、間近でお芝居を見られるのはすごくうれしいです!」とコメントしていた西畑について、高橋は「すごく柔軟な方だなと思います」とその印象を語る。「21歳であれだけ柔軟に立ち回れるというのは、日々人に会っている量とか、子供の頃からの肝の座り方、思い切りの良さがあるからで、僕にはないこと。セリフの言い方をこっちが変えると、変わるんです。それは相手のお芝居を見てないとできないこと。テストと本番であえて変えて、予定調和にならないようにしてるんですけど、それに対していち早く対応してくださる」とその演技を絶賛した。(宮川翔)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play