Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

イメルダ・スタウントン主演『輝ける人生』名言光る本編映像公開 檀れいら著名人のコメントも

リアルサウンド

18/8/20(月) 7:00

 『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン監督最新作『輝ける人生』の本編映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、1人の女性が35年間連れ添った夫の浮気をきっかけに人生を見つめ直す模様を描いた、人生を楽しむヒントと夢が詰まった人生賛歌。『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・スタウントンが主演を務め、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のティモシー・スポール、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』のセリア・イムリーらが上演に名を連ねた。

 今回公開された映像は、熟年離婚がいよいよ決定した主人公サンドラが、弁護士の友人から“名言”をもらう本編シーン。35年も専業主婦として夫のマイクを支え続けたサンドラは、夫の浮気を知り一時姉の元で暮らしていたが、「彼を愛してきたし、裏切られても思いは……」と未練を残していた。しかし、離婚申請書が届き離婚は決定的に。友人の弁護士に相談し、夫の取り分としての希望は「エリザベス調の食卓とタンブラー6つ、テニスのトロフィ」と聞くと、結婚生活で大事なのはそれだけかとショックを受ける。ナイト爵を授与された夫の妻としての地位は残るのかを尋ねると「あなたの称号じゃない」とピシャリ。ため息をつくサンドラに、友人は「夫の付属物より、自由な女に価値が」と名言を授け、なぐさめるのだった。

 また、8月25日の公開に先駆けて本作を鑑賞した著名人のコメントも到着。渡辺えり、平野レミ、小堺一機、鳳蘭、加藤登紀子、檀れいの6名が、本作の魅力や見どころをそれぞれ綴っている。

【著名人コメント一覧】
■渡辺えり(劇作家・俳優)
日本の女性たちも、自分を押し殺し、社会に、男性たちに縛られて暮らさざるを得ない不幸を抱えている。
サンドラが自分自身を取り戻していく過程での表情が素晴らしい。
後半から涙が止まらなかった。そして理想のラストシーンで胸が躍った。
美術と衣裳も素晴らしい。同世代の役者陣の存在感に大拍手。

■平野レミ(料理愛好家)
なんと素晴らしい映画でしょう!
落ち込んだときは、美味しいものを食べてワインを飲んでぐっすり寝ちゃえば・・・ほらシアワセ!
我慢なんてしないでさ、人生楽しくやっちゃったら~!

■小堺一機
長い人生で出会う辛さ苦しさは、時に心の琴線の名トレーナーになる!
”琴トレ”で培った心を持つシニアが軽快なステップで紡ぎ出す粋なセリフとロマンチックなシーン!
歳を取るのも悪くない!

■鳳蘭(女優)
「死ぬことを恐れているからって、生きることも恐れないで」この言葉、自分に言い聞かせました!
とにかく一度しかない人生、明るく! 明るく! 明るく! そして、明るく!

■加藤登紀子(歌手)
人生の決断は、頭じゃなく、脚力勝負?!
それは楽しいDanceで鍛えられる!
痛快で、リアルで、ちょっと切ない熟女のガールズトーク。

■檀れい(女優)
『人生』を楽しむために生きている。
そう思うと歳を重ねることも、困難さえもが愛おしくなる。
そんな沢山の勇気と幸せになるヒントをくれる映画だ。
自分を信じて飛ぶのよ!!

(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play