Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「女王陛下のお気に入り」メイキングカット

アカデミー賞9部門10ノミネート「女王陛下のお気に入り」をエマ・ストーンら語る

ナタリー

19/1/24(木) 11:00

第91回アカデミー賞にて作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞など9部門で10ノミネートされている「女王陛下のお気に入り」より、新たなインタビュー映像がYouTubeで公開された。

ヨルゴス・ランティモスがメガホンを取った本作の舞台は、18世紀初頭のイングランド。虚弱で気まぐれな女王アンと、彼女を操る幼なじみのレディ・サラ、貴族の地位に返り咲く機会をうかがう召使いアビゲイルの姿が描かれる。アンをオリヴィア・コールマン、サラをレイチェル・ワイズ、アビゲイルをエマ・ストーンが演じた。

映像は、ランティモス、コールマン、ワイズ、ストーン、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィンのインタビューと本編映像を収めたもの。第76回ゴールデングローブ賞でミュージカル / コメディ部門の主演女優賞に輝いたコールマンは、ランティモスについて「彼の頭の中は誰にも読めない」「人生は常に勉強だけど、彼からは大量に学べる」と語る。ストーンは「独自の視点を持った人と一緒に働くのは楽しいわ」とコメント。ホルトは「全員が全幅の信頼を寄せて、監督に身を預けてた」と明かした。

「女王陛下のお気に入り」は2月15日より全国でロードショー。

(c)2018 Twentieth Century Fox

アプリで読む