Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「RooTS Series『書を捨てよ町へ出よう』寺山修司没後35年記念」より。(c)井上佐由紀

「書を捨てよ」再演開幕に、藤田貴大が感じた「とても大切な、くやしい」

ナタリー

18/10/7(日) 19:42

藤田貴大が上演台本・演出を手がける「RooTS Series『書を捨てよ町へ出よう』寺山修司没後35年記念」が、本日10月7日に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで開幕した。

本作は、アングラ世代の戯曲に気鋭の演出家が挑む、東京芸術劇場のRooTSシリーズ第3弾として2015年に初演された作品。今回はシリーズ初の再演として、藤田が寺山修司作品に再び挑む。再演版では今作が初舞台となる佐藤緋美が主人公の“私”役を演じ、初演に引き続き青柳いづみ、川崎ゆり子、召田実子、石井亮介、尾野島慎太朗、中島広隆、波佐谷聡、船津健太、そしてドラマーの山本達久が参加。また新たに佐々木美奈、辻本達也がキャスティングされたほか、歌人の穂村弘、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹、詩人の佐々木英明が映像出演する。

再演開幕に際し藤田は「現在という時間のなかで、その場所でしかできない作業を、ぼくは眺めていた。そしてどうしてか湧きあがってきた、くやしい、という感情に驚いた。それは、とても大切な、くやしい、だった」と述べ、「どうして、あのころの若者や、そして現在という時間を生きる我々の葛藤や怒りはこうも、忘れ去られるどころか、無かったことのように扱われるのか。そう。だから、ぼくはくりかえしているのだと」と思いを語る。そして「無かったことにはさせない。すべてが、いつかの時間に、場所に、在ったのだ。そのことを再確認にして、きょうという日に、ツアーを始めようとしている無かったことにはさせない。すべてが、いつかの時間に、場所に、在ったのだ。そのことを再確認にして、きょうという日に、ツアーを始めようとしている」とツアーへの覚悟を述べている。

上演時間は約1時間50分を予定。東京公演は10月21日まで。その後、10月27・28日に長野・サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター、11月3・4日に青森・三沢市国際交流教育センター、11月7・8日に北海道・札幌市教育文化会館を巡演し、11月21日から24日まではフランスの「フェスティバル・ドートンヌ・パリ」に参加する。

藤田貴大コメント

昨夜、自分たちがあらためて、まったくあたらしくつくって、再構成された「書を捨てよ町へ出よう」を、はじめて、さいごまで観たのだけれど。いや、観たというよりも、途中から、遠い丘のうえから眺めていたようなかんじだった。現在という時間のなかで、その場所でしかできない作業を、ぼくは眺めていた。そしてどうしてか湧きあがってきた、くやしい、という感情に驚いた。それは、とても大切な、くやしい、だった。どうして、あのころの若者や、そして現在という時間を生きる我々の葛藤や怒りはこうも、忘れ去られるどころか、無かったことのように扱われるのか。そう。だから、ぼくはくりかえしているのだと。くりかえしのなかで、よみがえらせようとしているのだと。いつかくりかえすことすらできなくなるその日まで、くりかえそうとおもっているのだと。無かったことにはさせない。すべてが、いつかの時間に、場所に、在ったのだ。そのことを再確認にして、きょうという日に、ツアーを始めようとしている。

「RooTS Series『書を捨てよ町へ出よう』寺山修司没後35年記念」

2018年10月7日(日)~21日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2018年10月27日(土)・28日(日)
長野県 サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター

2018年11月3日(土)・4日(日)
青森県 三沢市国際交流教育センター

2018年11月7日(水)・8日(木)
北海道 札幌市教育文化会館

2018年11月21日(水)~24日(土)
フランス パリ日本文化会館

作:寺山修司
上演台本・演出:藤田貴大
出演:佐藤緋美、青柳いづみ、川崎ゆり子、佐々木美奈、召田実子 / 石井亮介、尾野島慎太朗、中島広隆、波佐谷聡、辻本達也、船津健太 / 山本達久
映像出演:穂村弘、又吉直樹、佐々木英明

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play