Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アニエス・ヴァルダ

アニエス・ヴァルダ追悼特集が緊急開催、「5時から7時までのクレオ」など5本上映

ナタリー

19/4/2(火) 16:02

フランス現地時間3月29日に90歳で永眠したアニエス・ヴァルダの追悼特集が緊急決定。4月6日から19日にかけて東京・UPLINK吉祥寺で開催される。

ジャック・ドゥミらとともに、ヌーベルヴァーグの左岸派として活躍したヴァルダ。この特集では彼女の監督作を含む5本がラインナップに。不安と希望の間で揺らぐ女性の2時間を切り取った「5時から7時までのクレオ」、第15回ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた「幸福 しあわせ」、夫ドゥミの少年時代をつづった「ジャック・ドゥミの少年期」、アーティストのJRと共同監督を務め第70回カンヌ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞にあたるルイユドールを獲得した「顔たち、ところどころ」が上映される。またドゥミの長編デビュー作であり、ヴァルダが歌詞で参加した「ローラ」もスクリーンに。

なお「顔たち、ところどころ」上映時には、7月5日リリース予定のDVDに特典映像として収録されるヴァルダとJRの対談が一部併映される。スケジュールの詳細は劇場の公式サイトで確認を。

アニエス・ヴァルダ監督追悼特集上映

2019年4月6日(土)~19日(金)東京都 UPLINK吉祥寺
料金:一般 1300円 / ユース、シニア 1100円 / 会員 1000円
<上映作品>
「顔たち、ところどころ」
「5時から7時までのクレオ」
「幸福 しあわせ」
「ジャック・ドゥミの少年期」
「ローラ(1961年)」

アプリで読む