Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「XYZ TOUR 2018 -SUMMER-」最終公演の様子。(Photo by Takuro Hori[ELENORE]、Kazuya Imada[ELENORE])

「至高の夜を届けに来ました」luz、センラ、まふまふら「XYZ」で熱演

ナタリー

18/9/8(土) 18:00

9月1日に大阪・Zepp Osaka Baysideにてライブツアー「XYZ TOUR 2018 -SUMMER-」の最終公演が実施された。

客電が落ち、あらき、un:c、kradness、SILVANA、センラ、nqrse、まふまふ、luzの8人が横一列に並ぶと「Secret Answer」イントロが流れ始める。出演者1人ひとりにスポットライトが当たる演出で、一節ずつ歌いつないでいく彼らがサビで声を合わせると、フロアからは堰を切ったように盛大な歓声が上がった。「至高の夜を届けに来ました」というluzの言葉を合図に始まった「メリーバッドエンド」では、彼とまふまふの2人がコラボステージを展開。ギターを弾くまふまふに背中を預けながら、luzは艶やかにこの曲を歌い上げた。その後はSILVANAとあらきの2人による「エイリアンエイリアン」、あらきとnqrseによる「ECHO」とアッパーチューンが立て続けに披露され、ライブは序盤から熱狂的な盛り上がりを見せていた。

nqrseがミドルテンポのナンバー「Kisaragi station」を届けてフロアを一旦クールダウンさせると、SILVANAは「命に嫌われている。」を、luzは「Lemon」をしっとりと歌い、会場内は穏やかな空気感に包まれる。オーディエンスのテンションに再び火を点けたのは、luzのコラボ相手として登場したセンラ。登場時のMCを噛んでしまったものの、それをしっかり笑いに変えて観客の心を掴み、「ピニャコラーダ」をluzと共に披露した。un:cはステージ上を駆け回りながら「PLATONIC GIRL」でハイテンションなパフォーマンスを展開。曲の最後にはお立ち台の上で投げキスをして、ファンを喜ばせていた。

ライブ中盤、ターンテーブルの前に立ったkradnessは自身のオリジナル曲「無頼ック自己ライザー」をかけて会場のテンションをぐいぐい引き上げていく。その後登場したまふまふはNeruのボカロ曲「病名は愛だった」を披露。透き通った高音のボーカルで難解な曲を歌い切り、フロアからの大喝采を浴びていた。ステージに現れるや否やジャケットを脱ぎ捨てたluzは、ペンライトを消灯するように指示。その後披露された「Dearest,Dearest」のコール&レスポンスでは「こんなもんじゃねえだろ!」「後ろサボってんじゃねえ!」と檄を飛ばし、フロアから盛大な声を引き出していた。

ライブ終盤にはあらきによる「ヒバナ」、un:cによる「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」など各出演者の得意曲が並べられ、会場内の空気はイベントのクライマックスに向けてヒートアップしていく。アッパーチューン「ギガンティックO.T.N」ではun:c、センラ、kradness、nqrseの4人がコラボ。彼らはステージから身を乗り出してフロアを煽り、盛大なシンガロングを巻き起こした。そして本編の最後に披露されたのは「XYZ TOUR」での定番曲「デリヘル呼んだら君が来た」。出演者8人はお立ち台の上に集まって肩を寄せ合いながら声を合わせ、大盛況の中、ライブ本編の幕を閉じた。

熱烈なアンコールに応え、ステージに姿を現したun:cとセンラは手を取り合いながら「極楽浄土」を歌い、会場内のテンションに再び火を点ける。彼らがステージを去るとあらきとnqrseの2人が人気曲「ロキ」をデュエット。その後はMCに入り、各出演者1人ひとりがツアーの感想を述べていく。「XYZ TOUR」にオリジナル曲を提供してきたまふまふは、自分の作った楽曲を「子供みたいなもの」と表現し、「作家冥利に尽きる」とコメント。また本ツアーのオーガナイザーであるluzは3年前の「XYZ TOUR」初開催のことを回想し、最初に声をかけたメンバーがnqrseだったことを明かし、客席を見渡しながら「3年前から来てくれてる人の顔を見るとわかる」と笑顔で語った。un:cはフロアからの「いつもの!」というリクエストに応え、「ライブはセックスである」というお決まりの演説を繰り広げ、会場内を沸かせた。最後にluzが「XYZに来た人たちに対するラブソングです」という曲紹介をして、8人でまふまふ作曲のオリジナル曲「CocktaiL」を歌唱。色とりどりの照明がミラーボールに当たり、会場内がカラフルに彩られる中、「XYZ TOUR 2018 -SUMMER-」は大団円を迎えた。

「XYZ TOUR 2018 -SUMMER-」 2018年9月1日 Zepp Osaka Bayside セットリスト

01. Secret Answer / 出演者全員
02. メリーバッドエンド / まふまふ、luz
03. エイリアンエイリアン / あらき、SILVANA
04. ECHO / あらき、nqrse
05. Kisaragi station / nqrse
06. メルティランドナイトメア / SILVANA
07. 命に嫌われている。(アコースティックアレンジ) / SILVANA
08. Lemon(アレンジver) / luz
09. ピニャコラーダ / センラ、luz
10. フリィダム ロリィタ / センラ
11. ジャガーノート / センラ
12. PLATONIC GIRL / un:c
13. 明星ギャラクティカ / un:c、SILVANA
14. 無頼ック自己ライザー / kradness
15. Oh Yeah! / kradness
16. 病名は愛だった / まふまふ
17. Nectar / まふまふ、nqrse
18. フィクサー / luz、まふまふ
19. Dearest,Dearest / luz
20. セカイ再信仰特区 / あらき
21. ヒバナ / あらき
22. 命のユースティティア / kradness
23. チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ! / un:c
24. ギガンティックO.T.N / nqrse、un:c、kradness、センラ
25. デリヘル呼んだら君が来た(XYZ arrange ver.) / 出演者全員
<アンコール>
26. 極楽浄土 / un:c、センラ
27. ロキ / あらき、nqrse
28. CocktaiL / 出演者全員

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play