Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BanG Dream!発ユニット Roselia、『R』は“大衆性”満たす作品に 収録曲の聴きどころを分析

リアルサウンド

18/8/4(土) 10:00

参考:2018年8月6日付週間シングルランキング(2018年7月23日~2018年7月29日・ORICON NEWS)

 2018年8月6日付の週間シングルランキングで、3位を獲得したのはRoseliaの『R』。Roseliaは、メディアミックスプロジェクト・BanG Dream!(バンドリ!)から生まれたバンド形式の5人組女性声優ユニットです。7月25日に放映された『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)にも出演し、話題を呼んだ彼女たちの新体制でのシングルが『R』でした。

 Roseliaのプロデューサーは、音楽クリエイターチーム・Elements Gardenの上松範康。彼は、水樹奈々などの声優やアニメ・ゲーム作品に数多くの楽曲を提供しています。

【試聴動画】Roselia 6th Single 「R」(7/25発売!!)

 そんなRoseliaの「R」を多少身構えて聴いてみたところ、驚くほどキャッチーなロック。特にメンバーのボーカルのクセには、歌謡ロックの感触すらあります。思わず「NAONのYAON」という単語が頭に浮かんだほどです。5人の声質の相性の良さにも聴き入ってしまいました。

 ただ、ロックと異なる文脈を一番感じたのは、サウンド面ではなくサビでの端正なコーラスでした。思わぬところにアニソン文脈が顔を出しているのが面白いです。彼女たちのアイデンティティがボーカルに表出しているとも言えます。

 カップリングの「BLACK SHOUT(リマスターver.)」は、2017年のデビューシングルの楽曲。メタル的な様式美をも感じさせるロックサウンドと、やはり別の文脈を感じさせるBメロのコーラスの端正さが印象的です。

 「Neo-Aspect(リマスターver.)」は、2018年の1stアルバム『Anfang』の楽曲。アメリカンロック的なダイナミックさをたたえた楽曲です。そしてボーカルの実力を体感させる楽曲でもあります。

 こうしてRoseliaのようなメディアミックスプロジェクトの楽曲を聴いてみると、いかにふだん自分がこうした系統の楽曲を無意識に避けているかに気づかされます。メディアミックスプロジェクトの音楽というのは、言い換えると、さまざまなメディアで通用する大衆性を求められている音楽でもあるはずです。そうしたニーズを満たすことのできる高いクオリティであるのがRoseliaの『R』であるわけです。

 ふだん聴かないメディアミックスプロジェクトのようなジャンルに触れることができるのも、チャートならではの面白さ。私にとっては、Roseliaの『R』はその格好の入門編でした。

■宗像明将
1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールドミュージックや民俗音楽について執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。Twitter

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play