Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第5回

アンジュルム和田彩花の「アートに夢中!」

ムンク展―共鳴する魂の叫び

月2回連載

18/12/5(水)

世界で最も知られる名画のひとつと言っても過言ではない「叫び」を描いたエドヴァルド・ムンク(1863-1944)の大回顧展『ムンク展―共鳴する魂の叫び』。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返る同展の出品作品の中から、心惹かれた作品について語ってもらった。

「叫び」だけじゃない!
ムンク作品の多彩さ

 本当に楽しい展覧会でした! ムンクというと「叫び」をイメージされる方が多いのでは? かく言う私もそうです。でもムンクってとても有名なのに、どれだけの人が深く彼の生涯、作品を知っているのでしょうか。今回の展覧会での一番の収穫は、「エドヴァルド・ムンク」という人を知ることができたこと。「叫び」のイメージしか持っていない私からしたら、“ムンクって、こんなにいろんな絵が描けるの!?”とか、“こんな絵を描いてたんだ!”という、驚きの連続でした。そう、ムンクは「叫び」だけじゃないんです!

赤くうねる空の描写に
パワーを感じる「叫び」

エドヴァルド・ムンク《叫び》1910年? テンペラ・油彩、厚紙 83.5×66cm

 といいつつ、やはりまずは「叫び」についてお話したいと思います。「叫び」はこの作品のほかに、版画を除くと4つのバージョンが存在し、一番初めに描かれたのが1893年。今回は1910年に描かれたと考えられる作品が来日しました。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play