Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

岡田将生、自身の落語シーンに「こっぱずかしい」 『昭和元禄落語心中』で落語にどハマり

リアルサウンド

18/10/5(金) 15:49

 10月5日、東京・渋谷NHKで10月12日よりスタートするドラマ10『昭和元禄落語心中』の第1話試写会と記者会見が行われ、岡田将生、竜星涼、山崎育三郎が出席した。

 原作は、数々のマンガ賞を受賞、累計200万部を突破した雲田はるこの人気漫画。落語の秀才・八雲(岡田)は、落語の天才・助六(山崎)と固い友情で結ばれるも、やがて助六が妻・みよ吉(大政絢)と謎の事故死を遂げてしまう。その死を巡る秘密を抱いたまま、2人の遺児・小夏(成海璃子)を引き取った八雲。しかし小夏は、八雲の初弟子・与太郎(竜星涼)とともに、八雲がひた隠す“謎の死の真相”に迫っていく。

 第1話を観た感想について聞かれた岡田は「1年前にこの話をいただいたときには、落語の“ら”の字も知らず、『寿限無』も知らなかったくらいで。どうなるのか想像もつかずにいましたが、噺をする楽しさやネタ自体のおもしろさも、落語監修の柳家喬太郎さんに教えていただき、今はドハマリしています」と落語への思いを吐露。「自分が落語をしているシーンを観て、こっぱずかしいところもありますが、この役をできてよかったなぁと心から思っています」と感慨深げに語った。

 一方の竜星は「今日はお足元の悪い中、誠にありがとうございます」と頭を下げると、「え~、こんな日は家で道楽をしていたいものですが……」と与太郎モードにスイッチ。会場を沸かせ、「そのくらい落語にハマっている自分がいる」と告白。「落語を知らない僕が稽古をして、与太郎にとって良いキッカケとなる『出来心』という演目も覚えて。自画自賛じゃないですが、『出来心』のシーンは自分がここまで成長したという部分が見えて、やってきたことが報われたと感動しました」と感無量の表情を浮かべた。

 続く山崎は落語口調で「え~本日は……って、僕がやろうとしたのに、与太郎に先にやられちゃいました」と、竜星とのネタかぶりを明かすと、会場は大爆笑。3カ月以上練習してきた落語については「今までやってきたお仕事の中で一番大変でした。でも、そこにいるお客さんを笑わせたいという気持ちで落語を演じるところまで自分を持って行けたというのは良かったと思いますし、素晴らしい作品に携われたことが幸せです」と打ち明けた。

 寄席のシーンについて岡田は「緊張すると思ったけれど、稽古をしてきたので自信があったのか、意外に淡々とやらせてもらった」といい、「感情的になっちゃいけないと言われていたけど、自分の中で波を打つものを感じて、これがお客さまが入った感覚なんだと実感しました」と初高座を振り返る。続いて竜星が「浅草演芸ホールでやらせてもらったときは、すごく緊張して……」と話すと、すかさず「してましたね~」と岡田、山崎がニヤリ。竜星は恐縮しつつ、役である与太郎と自身の“必死さ”が重なったと明かしていた。

 また山崎は「自分としては初高座だけど、演じるのは天才落語家なので笑いをとらないといけないのに、リハーサルで(落としどころである)『一円をくれ』と言ったら“シーン……”って(笑)。その後、助監督が『山崎さんが「一円をくれ」って言った後は、ドカンと笑いをください』とエキストラの人に言っているのを見て、自分の演目で笑わせたいというスイッチが一気に入った」と笑顔で回顧した。

 今作は、落語監修を柳家喬太郎が担当。岡田は「『死神』を最初に習ったのですが、喬太郎さんの目が厳しくなることにビビってしまって……。自分ではここがダメだと思っても、最終的に喬太郎さんからは違うところがダメと言われたり。でも、自分が楽しくやらないと、お客さまには伝わらないというのは最初に言われて響いたこと。落語を好きになるというところから、喬太郎さんには教えていただきました」としみじみ。

 竜星は「笑える話や艶っぽい話、泣ける話、全部おもしろい。どんどん自分の中で(落語)の敷居が低くなっていって、単純に喬太郎師匠のファンというところから入っていった」と師匠への憧れを語り、山崎は「自分が楽しんで、自分の言葉でしゃべっていくというのがテーマ。自由だからこそ、その人のすべてがそこに出てくる」と落語の魅力を明かした。

 最後に、お気に入りの演目について聞かれた岡田が考え込む素振りを見せると、「『死神』かな」と竜星。岡田は「なんで俺が言う前に言うの!? 溜めてんだからさ……」とご立腹。ところが「時間ないから」と竜星に制されると「そうだね、『死神』です、『死神』です」と笑顔を見せ、「(八雲が)年を取ってからの『死神』と、若いときの『死神』が全然違うので、ひとつの楽しみになるのでは」と自信たっぷり。竜星は最初に覚えた『出来心』を挙げつつ、「『芝浜』は3人ともやるので、僕らしい『芝浜』を見てほしい」と熱を込める。また山崎は『野ざらし』を挙げ、噺に登場する歌について「喬太郎師匠から『うまく歌うな』と言われたが、下手に歌うのが難しくて……」と、ミュージカルスターならではの本音を暴露。「なんか、自分がうまいみたいになっちゃってすみません」と慌ててフォローし、笑いを誘った。

 この日は、制作統括の出水有三氏と藤尾隆氏も出席。出水氏は「魅力がたくさん詰まっているが、何より思い、芸、そして命を続いていくドラマ」。藤尾氏は「落語ということで初めは楽しいものだと思っていたが、奥が深くて、底なし沼に入っていくような、怖さも兼ね備えていることを実感した。その世界観が反映されているのでは」とアピールした。

(取材・文・写真=nakamura omame)

■放送情報
ドラマ10『昭和元禄落語心中』
NHK総合にて、10月12日(金)より毎週金曜22:00~放送
出演:岡田将生、竜星涼、成海璃子、大政絢、山崎育三郎
脚本:羽原大介
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/index.html

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play