Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ネメシュ・ラースロー監督最新作『サンセット』3月公開 銃声が響きわたる予告編も

リアルサウンド

19/1/21(月) 17:00

 『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督最新作『サンセット』が、3月15日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開されることが決定。あわせて予告編が公開された。

参考:<a href=”https://www.realsound.jp/movie/2019/01/post-306835.html”>宮台真司の『A GHOST STORY』評(中編):<森>の思考が思い描く<世界>を『トロピカル・マラディ』に見る</a>

 舞台は、1913年オーストリア=ハンガリー二重帝国時代に栄華を極めた、ハンガリーのブダペスト。高級帽子店で働くことを夢見る、若い女性が見つめた第一次世界大戦前、ヨーロッパの中心都市の繁栄と闇を描く本作は、第75回ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、国際批評家連盟賞を受賞。第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表に選出された。

 今回公開された予告編は、両親が遺したブダペストのレイター帽子店を訪れたイリス(ユリ・ヤカブ)が、試着した帽子のヴェールを上げる印象的なシーンから始まり、イリスが自分に兄がいたことを知り、失踪した兄を探す場面が描かれる。後半では、華やかな高級帽子店の裏の顔、そして伯爵殺しという恐ろしい兄の秘密に直面したイリスが、「この街を出ろ」と男に警告される様子や、髪を男の集団に引っ張られる場面が映し出されている。  (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む