Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高山一実(乃木坂46)

乃木坂46高山一実の初小説が単行本化「読んでくださった方の未来を照らす作品に」

ナタリー

18/11/3(土) 13:04

高山一実(乃木坂46)による長編小説「トラペジウム」が、11月28日に刊行される。

「トラペジウム」は高山が雑誌「ダ・ヴィンチ」の2016年5月号から2018年9月号まで連載していた初の小説を単行本化したもの。アイドルを目指す女子高生・東ゆうの10年にわたる物語が描かれる。書籍化にあたり大幅な加筆修正が行われ、帯には中村文則や羽田圭介がコメントを寄せた。高山は「トラペジウム」について「夢を与える職業と言われているアイドル。『小説』は、 その夢の与え方がずっとわからなかった私が、やっと見つけた可能性です。どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように」と語っている。

発売直前の11月26日には東京・八重洲ブックセンターにて記念イベントの開催も予定されている。詳細は同店公式サイトにて後日発表。

高山一実 コメント

長編執筆の決意をしてから2年半、 バッグには常に原稿が入っていました。 トラペジウムのことを考えなかった日は一度もありません。

どんなメッセージを含ませたいか、 その為にはどうやってストーリーを運んでいけば良いか、 アイドルはどうあるべきか、 主にこの3つを繰り返し自分に問いかけ、 なんとか一冊の本に纏めることができました。

《アイドルの在り方》については主観というより統計かもしれません。 ヒントをくれる人たちが常に近くにいましたので、 環境と時間が答えへと導いてくれました。

夢を与える職業と言われているアイドル。 「小説」は、 その夢の与え方がずっとわからなかった私が、 やっと見つけた可能性です。 どうか読んでくださった方の未来を照らす作品となりますように。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play